厚木版 掲載号:2017年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

グループで詩を読み上げ 厚木群読の会「ひまわり」

文化

 グループで行う朗読、「群読」の発表会が11月26日、厚木南公民館集会室で行われた=写真。

 発表会は、厚木群読の会「ひまわり」(会員数18人)が年1回行っているもの。この日は80人以上が駆けつけ会場は満席に。第1部の冒頭、宮澤賢治の『雨ニモマケズ』を、出演者全員で決められたパート順に朗読。続いてグループごとに、鈴木敏史さんの『星の美しい村』や、宮尾節子さんの『明日戦争がはじまる』などの詩を読み上げた。

 2部では、湘北短期大学元教授の仕掛屋タマゴロウさんの「七文字の言葉と絵」のコラボレーションも行われ、会場が一体となった。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵筆に込める「生」の輝き

絵筆に込める「生」の輝き

赤瀬陽久さんの作品展示

12月3日~12月15日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク