厚木版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

ロボが再び入選 厚木小の崎山君

教育

ブースで説明する崎山君
ブースで説明する崎山君
 「全国小中学生プログラミング大会」の最終審査会と表彰式が東京都千代田区の神楽座で11月26日に行われ、崎山盛一君(厚木小1年)が入選した。

 プログラミング教育が義務化されることから、全国の小中学生にプログラミングで表現する場を提供し、学ぶ動機づけを目的に昨年から開催している。

 崎山君は「U-22プログラミング・コンテスト」などで入賞した『とうちゃんおこしロボ』で応募。ブロックと専用キットで製作されたもので、電源を入れると自走して腕を振り、音と光を発する。「こんなのあったらいいな」をテーマに、全国から167点の応募があり、事前審査から10人が選ばれ、当日ブースで発表。崎山君はプログラムや、実際にロボットを動かして審査員らに見せ説明。苦労したところ、改善したところなどを話した。審査員からは「身近な問題を解決する視点がよかった」との講評を得て、入選となった。崎山君は「入選はうれしかったがもっと上の賞が良かったので悔しい。ゲームや別のロボットを作ってまたコンテストに出たい」と意欲を見せている。また11月13日には厚木市教育委員会表彰を受けている。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

40周年イヤーの集大成

40周年イヤーの集大成

12月17日 厚木交響楽団が公演

12月17日~12月17日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク