厚木版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

長年の活動に栄誉 森の里剣士会に奨励賞

スポーツ

受賞を喜ぶ剣士会の会員たち。後列左から5人目が初代会長の長崎尚さん。右端が鄭会長、前列右端が長崎和代さん
受賞を喜ぶ剣士会の会員たち。後列左から5人目が初代会長の長崎尚さん。右端が鄭会長、前列右端が長崎和代さん
 「感謝する心」「素直な心」「強い心」「やさしい心」「学ぶ心」の5つの信条のもと、長年地域の子どもたちの心と身体を育成する活動を続けてきた「森の里剣士会」(鄭根漢(チョンクンハン)会長・会員数23人)が2017年度少年剣道教育奨励賞を受賞。11月12日に厚木剣道連盟(小山篤会長)を通じて同会に賞状が届けられた。同賞は全日本剣道連盟が大会などの成績だけでなく、草の根的な活動を続けて剣道の底辺を支えている団体を表彰するもの。神奈川県からは16団体が表彰された。

 森の里剣士会は1989年、初代会長の長崎尚(たかし)さんと和代さん夫妻が設立。現在、初心・経験問わず、未就園児から大人までが在籍、毎週火曜日と木曜日の夕方〜夜にかけて、森の里小学校の体育館で稽古を重ねている。親子会員もいるという。

 長崎さん夫妻は「大変栄誉なこと。多くの人の力をお借りしてここまできました」と喜びを語り、鄭会長は「子どもたちにとっても大きな誇り。これからもより精進していきたい」と話した。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

絵筆に込める「生」の輝き

絵筆に込める「生」の輝き

赤瀬陽久さんの作品展示

12月3日~12月15日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月8日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク