厚木版 掲載号:2017年12月8日号
  • googleplus
  • LINE

憧れのプロが指導 厚木県央RCが野球教室

教育

ゴロの取り方を指導する後藤選手
ゴロの取り方を指導する後藤選手
 プロ野球、横浜DeNAベイスターズの選手らを招いた少年野球教室が、12月2日に神奈川工科大学KAITスタジアムで開かれた。

 教室は奉仕団体、厚木県央ロータリークラブ(葛籠貫京子会長)が毎年開催していて、今年で18回目。

 この日は、厚木市、愛川町、清川村の少年野球チーム10チームの子どもたちと、一般参加者あわせて約200人が参加。ベイスターズからはG.後藤武敏選手や高崎健太郎選手、元投手の三橋直樹さんら5人が指導者として招かれた。

 三橋さんは県央少年野球クラブの出身。開会セレモニーで、集まった子どもたちを前に「元気出して楽しんでいってください」とあいさつした。

 その後、子どもたちは投手や捕手、内野手、外野手とポジション別に分かれて、教室に参加。内野手のグループでは、後藤選手が子どもたちに「腰を落としてバウンドに合わせることが大事」などと話し、ゴロの取り方を指導した。

 また、今年は低学年や保護者向けに、スピードガンコンテストと、ボールを的に当てる「ストライクナイン」のアトラクションが初めて企画され、同クラブのメンバーが運営にあたった。ストライクナインでは、5枚以上プレートに当てた子どもたちに記念メダルが贈られた。

厚木版のローカルニュース最新6件

厚木版の関連リンク

あっとほーむデスク

厚木版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

40周年イヤーの集大成

40周年イヤーの集大成

12月17日 厚木交響楽団が公演

12月17日~12月17日

厚木版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年12月15日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク