伊勢原版 掲載号:2017年3月10日号
  • googleplus
  • LINE

大山登山マラソン

2771人がエントリー スポーツ

歓迎イベントで盛り上げる

 早春の大山路を駆ける『第32回大山登山マラソン』が3月12日(日)に開催される。コースは伊勢原駅北口から大山阿夫利神社下社までの9・0Km。標高差650mにもなる県内屈指の難コースに全国各地からエントリーした2771人のランナーが挑戦する。

 大山登山マラソンの歴史は古く、1930年の大山節分祭駅伝にまでさかのぼる。その後、同駅伝をヒントに81年に大山登山競走大会として再スタート。市制15周年を記念して、現在の名称となった。

 今では県内屈指の難コースとして、全国からランナーが集まるレースに成長。片道9・0Kmのワンウェイコース最大の難所が、約7Km地点のこま参道からゴールまでにある1610段の石段。ゴール付近では最大傾斜も約30度となりランナーを苦しめる。

 レースでは多彩なゲストランナーも魅力。今年はアテネオリンピック代表の坂本直子さんをはじめ、小鴨由水さん、小崎まりさん、市川良子さん、藤永佳子さんの5人。また初の招待選手に東洋大学時代は箱根駅伝5区を任された五郎谷俊さん(コモディイイダ陸上競技部所属)が参戦する。

 各部門のスタート時刻は、男子50歳代・60歳以上/午前10時、男子40歳代・女子/午前10時半、男子29歳以下・30歳代/午前11時

 また当日は伊勢原駅北口の竜神通りでランナー歓迎イベントを開催。選手受付となる伊勢原小学校ではいせはら樂市樂座によるブースも出店される。
 

昨年のレースの様子
昨年のレースの様子

関連記事powered by weblio


伊勢原版のトップニュース最新6件

伊勢原詰め込みPR

故郷の「中秋節」楽しむ

コンビニで住民票

伊勢原市

コンビニで住民票

10月6日号

半世紀の節目祝う

伊勢原飲食店組合

半世紀の節目祝う

9月29日号

道灌までカウントダウン

手書き地図で大山再発見

伊勢原版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

伊勢原版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月13日号

お問い合わせ

外部リンク