横須賀版 掲載号:2017年9月29日号
  • googleplus
  • LINE

国道357号

「夏島延伸」実現に前進

経済

上地市長らが国交省で要望

八景島島内の終点から夏島方面を臨む。現状の道路形状はUターン、計画ではここから海上を渡って横須賀方面へ
八景島島内の終点から夏島方面を臨む。現状の道路形状はUターン、計画ではここから海上を渡って横須賀方面へ
 横須賀市の上地克明市長は今月25日に国土交通省を訪ね、国道357号(東京湾岸道路)の延伸に関する要望を行った。応対した秋元司副大臣は「しっかりと検討し、早期着工に向けて手続きに入りたい」と回答。これを受けて上地市長は、物流コストの軽減や市北部の再開発事業など「前向きに進んでいく」と整備の波及効果に期待を示した。

 国道357号は、東京湾沿いの千葉県千葉市から横須賀市に至る延長約92Km。現状の終点は横浜市金沢区の八景島内で、夏島町までの区間(約2・3Km)は1988年に都市計画決定されていたが、長年に渡って未整備の状態が続いていた。現在は、横浜方面から金沢柴町交差点までが片側2車線道路。それ以降終点の八景島内までは観光バスと関係車両しか通行できない。

 横須賀市を含む三浦半島4市1町は、「広域幹線道路整備促進期成同盟」として毎年、交通網の改善や事業化を国や県など道路関係機関に働きかけてきた。上地市長は、先の所信表明でも、同線の延伸を掲げていたこともあり、国土交通省への要望活動が実現した。当日は市長のほか、木下憲司市議会議長、鈴木真智子市議、衆議院議員の小泉進次郎氏と古屋範子氏、市の関係者らが同席した。 

3本目の”動脈”に

 要望ではまず、横須賀市における国道357号の位置付けを示した。国道16号への交通の集中や慢性的な渋滞、トンネルの老朽化、緊急・災害時の輸送路確保など挙げ、横浜横須賀道路と併せて3本目の”動脈”として重要な路線と説明。追浜地区に関しては夏島町の日産追浜工場が新型車リーフの生産拠点であることや、横浜DeNAベイスターズの2軍拠点集約の動きに触れ、同線の延伸が北部地域の活性化、駅前再開発計画の弾みとなることをアピールした。また、首都圏を結ぶ道路網の広がりが、物流コストの軽減に繋がるとして「市内経済に対するインパクトが大きく、横須賀経済活性化の悲願」と話した。

 市長らからの熱心な説明に秋元副大臣は「早期着工に向けた手続きに入りたい」と答えた。また、夏島町以南、市中心部への延伸や16号への接続に関する要望に対しても「年内にネットワークの検討会を立ち上げたい」との意向を示した。

国との連携示す

 就任後初めてとなる国への要望活動で一定の回答を引き出せたことに対し、上地市長は「(延伸で)北部地区の活性化も前向きに進む」と満足げな表情を見せた。同席した小泉議員も「国との連携の具体的な姿を、市民に示せた。横須賀の玄関口である追浜地域での動きは、ただ単に道路が延びるということに留まらず、半島全体に波及する」と期待感を表した。

*小泉氏・古屋氏の肩書きは25日時点のもの

交通網の現状を説明する市長=写真左
交通網の現状を説明する市長=写真左

関連記事powered by weblio


横須賀版のトップニュース最新6件

「ごみ屋敷」対策に条例

横須賀市議会

「ごみ屋敷」対策に条例

10月20日号

WEBで仕事情報

横須賀市

WEBで仕事情報

10月20日号

デザインでまちを動かせ

1万人が神輿で隊列

賑わい企画で機運醸成

浦賀奉行所開設300周年

賑わい企画で機運醸成

10月6日号

運慶仏収蔵庫を改修

浄楽寺

運慶仏収蔵庫を改修

10月6日号

横須賀版の関連リンク

あっとほーむデスク

横須賀版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

空気に重さはある?

空気に重さはある?

「科学の鉄人」実験ショー

11月18日~11月18日

横須賀版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2017年10月20日号

お問い合わせ

外部リンク