三浦版 掲載号:2017年3月10日号

ワカメで学ぶ地場産業 教育

旭小児童が養殖棚見学

海上で養殖中のワカメを見る児童
海上で養殖中のワカメを見る児童

 市立旭小学校(古山好校長)の3年生児童が先月28日、三浦海岸にあるワカメ養殖場を見学した。

 「私たちのまちの仕事」をテーマに、社会科の単元の1つとして学習してきた子どもたち。総合学習や海洋教育も兼ねて、地域の生産業を支える漁師の仕事について理解を深めた。昨年12月には、上宮田漁業協同組合の吉田利之さんの指導のもと、同校でワカメの種差しを体験。実際に沖出しするロープに一つひとつ手作業で種苗をつけた。

 この日、児童らは同漁協組合有志の支援を得て、船に分乗し海上のワカメの養殖棚を見学。種差し時、約4〜5cmほどだった種苗は、およそ2カ月で2m前後に成長。観察を終えて、「自分の身長より大きくなっていたことにびっくりした」「海の中のワカメは濃い茶色で、家で食べるものよりぬるぬるしていた」などと驚いた様子で感想を話した。
 

三浦版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

三浦版の関連リンク

あっとほーむデスク

三浦版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

潮風感じるウクレレライブ

潮風感じるウクレレライブ

5月3日、うらりで

5月3日~5月3日

三浦版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

三浦版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年4月21日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/