青葉区版 掲載号:2012年3月8日号
  • googleplus
  • LINE

3月10日(土)に「もえぎ野センター」で講演会イベントを行う青葉区出身の将棋名人 森内 俊之さん 都内在住 41歳

将棋でふるさとに恩返し

 ○…人生初の将棋タイトルは、山内地区センターで開催された将棋大会だった。小学校高学年から出場できる大会に「出させて下さい」。将棋を始めて間もない、みたけ台小学校3年生の少年がまさかの優勝。「優勝できたことで、将棋がさらに楽しくなって」。当時を懐かしそうに振り返る。『鋼鉄の受け』―。穏やかで謙虚な人柄が印象的だが、棋風は”鉄壁”のような受けで攻めを凌(しの)ぐことから、この異名を持つ。そんな将棋名人の原点がここ青葉区にあった。

 ○…ドラマで将棋ブームが起きた小学校3年の時。「友達と遊び感覚で始めましたが、一気にのめりこんで」。東京千駄ヶ谷の将棋会館に通い始めた。いつしか父親も友達も負かし、「もっと強い相手を」と大人に挑戦状を突きつけた。16歳でプロの道へ。好きな駒は縦横に動かせる『飛車』。絶対に取られるな、と小学校時代の教訓が今も生きる。昨年、同い年で小学生の頃から良きライバルだった羽生善治棋士から名人を奪取。4期ぶりに返り咲いた。

 ○…趣味はクイズ。プロの活動が本格化する高校卒業の時、「大学に行かないのなら勉強を」。新聞をひたすら読み知識を得た。20代でテレビ番組「パネルクイズ アタック25」に挑戦者として出演。二度目のトライとなった30代の時、見事優勝した。クイズも将棋に似ている。「地道な積み重ねがあってこそ花開くもの」

 ○…虫に気を取られ道草した少年時代。『寺家ふるさと村』『こどもの国』の思い出が甦る。名人に返り咲いた時、喜んで故郷の講演依頼を引き受けた。また今春、青葉区生活が約20年ぶりに始まる。「将棋をする子どもが増えているのを各大会で実感しています」。講演会を手伝うもえぎ野中学校も昨年、東日本大会に出場。「5歳の息子も遊び始めました」と微笑む。4月から立ち上げの一人として、藤が丘地区センターで将棋教室を開校。「育った街で自分ができることをしたい」。地域交流の第一歩が始まる。
 

青葉区版の人物風土記最新6件

酒井 沃子(ようこ)さん

15周年を迎える演奏会「65歳からのアートライフ」を開催する

酒井 沃子(ようこ)さん

2月1日号

吉村 春美さん

青葉区民生委員児童委員協議会会長として2月2日に講演会を開催する

吉村 春美さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

田中 綾さん

「市が尾 トコトコ スタンプラリー」を企画する

田中 綾さん

1月11日号

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の実行委員長を務める

バラノヴスカヤ 紗衣(さえ)さん

1月1日号

加藤 裕子(ひろこ)さん

23日に行われる「クリスマスジュニアコーラス」の指導・指揮を務める

加藤 裕子(ひろこ)さん

12月21日号

神奈川県議会議員 内田みほこ

備えあれば憂いなし!~準備万端に!自身も災害も将来も~

http://www.rose-miho.com/

ヴィンテージ・ヴィラ横浜

2/4・5・6個別見学会 神奈川県住宅供給公社の介護付有料老人ホーム

http://vintage-villa.net/yokohama/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月1日号

お問い合わせ

外部リンク