青葉区版 掲載号:2012年10月4日号
  • googleplus
  • LINE

設立1年を迎えた『青葉区地域子育て支援拠点ラフール』の施設長 山田 範子さん 区内在住 

「あったらいいな」の子育て支援

 ○…開設から1年。広いホールにテラス、アスレチックもある施設では、赤ちゃんから幼児、そのお母さんで賑わう。毎日、平均15人の親子が新規登録に訪れ、利用者は年間延べ4万人を数える。「ここは”子育ての実験室”。子どもが泣いても転んでも、玩具の取り合いをしても良いんです」。何でも試して、ここで親子で成長していく。そんな大らかさに抱かれて、ホッと息をついたお母さんは、どれほど居るだろう。

 ○…自身も二人の子どもを育てる母親。「”あったらいいな”という子育て支援を」。2000年、数人の主婦で、預かり保育『ミニデイサービス まーぶる』を設立。「介護保険制度ができた年だったので、”子育ての社会化”を目指してミニデイサービスって」。当初は、お母さんのリフレッシュのための一時預かりや、幼稚園の前後の預かりが支援につながると考えていた。「でも、本当に必要なのはお母さんの居場所」。妊婦や親子が一緒に過ごせる『親と子のつどいの広場 ぴよぴよ』を設立した。市内第1号の先駆けだった。青葉区のお母さは真面目で頑張り屋さん。「そんなに頑張らなくても、子どもは自然に育つよって伝えていきたい」。優しく微笑む。

 ○…新潟県出身。大学卒業後は、音楽教諭として中学校で教鞭をとった。新任当時、「運動会は村のお祭り」という山深い学校へ。大雪が降る冬は、かんじきを履いて山を4つ越えて通勤。「吹雪の日は半日も掛かることも」と懐かしむ。”地域で子育て”という現在の礎は、ここで培った。

 ○…遠慮し合って本音が見えないという、最近のお嫁さんとお姑さん事情。「お互いの気持ちを分かり合えるきっかけに」。11月には、子育て世代と祖父母世代が語り合う『孫まご講座』を開く。子育て世代だけでなく、地域住民や支援者にも施設を周知してもらうことが今後の課題。「異世代交流をして”地域で子育て”を」。一歩先を見据える。
 

大成祭典 横浜葬祭センター

葬儀のことなら何でもご相談下さい。

http://www.taisei-saiten.co.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

山口 真広さん

3月18日にフィリアホールでソロリサイタルを行うピアニストの

山口 真広さん

2月15日号

下山 和洋さん

しらとり台自治会の会長で「犯罪のない安全・安心まちづくり功労者表彰」を受けた

下山 和洋さん

2月8日号

酒井 沃子(ようこ)さん

15周年を迎える演奏会「65歳からのアートライフ」を開催する

酒井 沃子(ようこ)さん

2月1日号

吉村 春美さん

青葉区民生委員児童委員協議会会長として2月2日に講演会を開催する

吉村 春美さん

1月25日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月18日号

田中 綾さん

「市が尾 トコトコ スタンプラリー」を企画する

田中 綾さん

1月11日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「ホット」な作品一堂に

「ホット」な作品一堂に

老人ホームで展示

1月20日~2月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク