青葉区版 掲載号:2013年2月21日号
  • googleplus
  • LINE

3月10日、青空自主保育がテーマの自主上映会を開催する「ぺんぺんぐさ」の映画担当リーダー 森 雅代さん 桂台在住 31歳

青空の下、親子で心開く

 ○…「自主保育を知ってもらい、地域とつながるきっかけを作る」。自主上映会発起人であるが故に他の誰よりもこの思いは強い。青葉区唯一、しかも設立からわずか一年の青空自主保育団体。上映会は「スタートライン」だ。共催やチラシ設置協力店探しに青葉区中で「突撃営業」。活動を理解されなくても良いと思ったが700枚刷ったチラシは足りず、結局1200枚刷った。「出会いが上手くいくと達成感がある」。ボーイッシュな人柄で爽やかな笑顔が印象的な2歳児の長男のママだ。

 ○…2年前、青葉区にやってきた。サークルや公園で「また会おうね」と言いつつ前に踏み出せなかった自身が昨年、青空自主保育の存在を知った。青空自主保育の見学会に参加すると「やっと居場所を見つけた」。ルールは『手出し口出しせず、目は離さず』。喧嘩だって大いに結構、子どもたちを見守る。「自然は心を開かせてくれる。親子がたくましく成長できるのが青空自主保育」。全身で魅力を感じる。

 ○…故郷は新潟県。田んぼが一面に広がり、カエルとの戯れ、石ころ拾い、どろんこ遊びをした幼少時代。「遊具で遊んだ記憶がないから、青空保育につながったのかと」。心の中に広がる故郷と青葉の街を重ねる。「緑豊かな青葉区と言われるけれど、個人的にはもっと緑が欲しい」と微笑む。お気に入りは里山と池が名物の桜台公園。「山登り、水遊び。とにかく自然の中で思いっきり遊ぶ」。これが自身のポリシーだ。

 ○…上映に向けての突撃営業中に嬉しい出会いがあった。30年前、区内で自主保育を行っていた人物に遭遇。大先輩からの応援がさらに前向きにさせた。「計画し実行することが好き。今回準備は短期間だったけれど、一度の営業でより多くの人との出会いを求めたからこそ生まれたもの」と嬉しさを込める。「色々大変だけれど充実した楽しい毎日」。本番はもうすぐ目の前だ。
 

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

元藤原歌劇団所属で、教え子とともにフィリアホールでゴスペルコンサートを開く

Nicoさん(本名:大嶽邦子さん)

3月29日号

朝香 好平さん

NPO法人「神奈川県転倒予防医学研究会」の理事長として、高齢者の元気づくりに取り組む

朝香 好平さん

3月22日号

嶋田 千秋さん

横浜市内で初めてなでしこリーグ1部に参戦する日体大FIELDS横浜のキャプテンを務める

嶋田 千秋さん

3月15日号

皆川 幸成さん

「ビーコルセンター」をセンター北駅前に開設した(株)五人侍の代表取締役を務める

皆川 幸成さん

3月8日号

糸川 史生さん

自然災害復興支援チャリティーコンサート「あおばカノン2018」の旗振り役を務める

糸川 史生さん

3月1日号

臼田 欣也さん

すすき野で32年間人形劇公演を主催する

臼田 欣也さん

2月22日号

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク