青葉区版 掲載号:2013年6月20日号
  • googleplus
  • LINE

市内出身の巨匠 貴重な資料で振り返る 長谷川伸の没後50年展

文化

作品に関する貴重な資料も=横浜にぎわい座
作品に関する貴重な資料も=横浜にぎわい座
 日ノ出町出身、「瞼の母」などの代表作で知られる大衆文学の巨匠、長谷川伸。その没後50年を記念して横浜にぎわい座では、7月15日(月)まで特別展「長谷川伸とふるさと横浜」を開催している。入場無料。

 横浜ドックの建設現場で働くなど苦労の連続だった青春時代から新聞記者時代、また門下生の村上元三や池波正太郎との交流などが写真や資料とともに紹介されている。「瞼の母」を世に出すことで、生き別れとなっていた実母と再会を果たした長谷川。それを紹介する当時の新聞記事も展示されるなど、波乱万丈の人生が語られている。

 作家として大成した後に、自著の寄贈など図書館支援に力を入れたこともあり、市中央図書館では6月21日(金)から7月29日(月)まで、原稿や図書など所蔵の関連資料を展示する記念企画「横浜市立図書館と長谷川伸」が行われる。にぎわい座の記念展は【電話】045・231・2525へ。

スタッフ募集中!

誰でも参加可能な地域交流バザーもあります

http://www.yokohama-tawawa.jp/index.html

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6件

(公社)神奈川県薬剤師会

ご活用下さい!あなたのかかりつけ薬局・薬剤師

https://www.kpa.or.jp/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

転倒予防で介護予防

転倒予防で介護予防

高齢者向け 体操指導

4月5日~4月5日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月29日号

お問い合わせ

外部リンク