青葉区版 掲載号:2014年10月23日号 エリアトップへ

日本学生科学賞 山内中3人が全国へ 県審査で特別賞

教育

掲載号:2014年10月23日号

  • LINE
  • hatena
右から田村君、宮崎君、小溝君
右から田村君、宮崎君、小溝君

 中高生が実験や研究などを発表する日本学生科学賞の神奈川県作品展で7日、山内中学校(簗瀬一爾(かずや)校長)の宮崎椋成(りょうせい)君(2年)と小溝龍君(3年)、田村俊樹(としき)君(2年)が特別賞を受賞。11月から行われる全国審査へ挑む。

 作品展は物理や生物、地学などの分野が対象で読売新聞社主催。同校では主に2、3年生が夏休みの課題として取り組み、3人は学内選考、横浜市の審査、県審査を通過した。ほか同校は共同研究を含む4作品が入賞したことから、2年連続で学校賞を受賞した。

独自の題材がカギ

 県教育委員会教育長賞を受賞した宮崎君はお茶の泡立ちをテーマに選んだ。数種類のお茶を容器に入れて振り、泡の出方の違いを実験。泡立ちを3つに分け、同じお茶でも泡の立ち方で風味が異なることを突き止めた。題材のきっかけは昼食時にたまたま持ってきたペットボトルのお茶を、友達がふざけて振って泡立てたこと。「笑い話みたいだけど5時間目が終わっても泡が残ったので不思議に思って」と、日常の出来事から生じた疑問を研究した。

 小溝君は昨年も緑化による冷却効果をテーマに共同研究で入賞。今回はさらに進展させ、県立青少年センター館長賞を受賞した。グリーンカーテンを模して、木製模型の家を作製、周りに植物を植えた。遮光カーテンを使用した内部と温度を比べ、植物の方が効果があると結論付けた。「科学部なので入賞を目標に取り組んできた。苦戦したけど嬉しい」と積み重ねた成果の喜びを語った。

 神奈川科学技術アカデミー理事長賞を受賞した田村君も科学部所属。クモの巣はどの自然条件なら整った編み目状になるかを調べた。「雲を研究テーマに選んだ先輩を見て、それなら自分はクモを調べようと」。1年から研究を重ね、今回の実験できれいな巣ができるには空間のサイズや風向きが条件になると分かった。

 3人は11月の全国予備審査に研究レポートを提出。通過した中学・高校各15作品が最終審査に残る。

 142件の応募があった県作品展では全国へ進む10枠のうち3枠を同校が占めた。理科の小林靖幸教諭は「ほかにない独自の題材を生徒から引き出していくことが大切。特別な研究より身の回りの『なぜ』が研究のスタート。生徒たちも力を証明できた」と語った。

三浦ブランド認定 三富染物店

1833年創業老舗店「ヤマショウさんの手ぬぐい」。全て手染めの伝統が光ります

https://www.m-some.com

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

女子駅伝で初の関東へ

山内中

女子駅伝で初の関東へ スポーツ

県、準優勝に悔しさも

12月2日号

クラファンで演奏の場

クラファンで演奏の場 教育

コロナ禍の中高生にエール

12月2日号

浜田さんが市長賞

環境絵日記

浜田さんが市長賞 社会

区内から5人優秀特別賞

11月25日号

上瀬谷新交通に参画せず

シーサイドライン

上瀬谷新交通に参画せず 経済

開業の見通し不透明に

11月25日号

「地産地消」を味わおう

「地産地消」を味わおう 経済

区がグルメキャンペーン

11月18日号

村山巡査長が健闘3位

青葉警察署

村山巡査長が健闘3位 スポーツ

全日本剣道選手権で

11月18日号

8/2家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook