神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2015年2月5日 エリアトップへ

資源回収で福祉活性 市ヶ尾連合自治会も参加

社会

公開:2015年2月5日

  • LINE
  • hatena
協定を結んだ内野会長(中央)ら
協定を結んだ内野会長(中央)ら

 市ヶ尾連合自治会(内野冨士雄会長)が参加する「わが家の資源で横浜の福祉を支えようプロジェクト」の調印式が、1月27日に行われた。

 家庭から出る資源物回収を通して地域社会に貢献しようと、市社会福祉協議会ら4団体が昨年12月にプロジェクトを始動。今回は回収実施地区である同自治会と協定を結んだ。調印式には実施団体の横浜市資源リサイクル事業協同組合の根岸孝昭事務局長と、NPO法人横浜市集団回収推進部会の木村雅史事務局長が出席。内野会長は「自治会としてこの取り組みに参加できたことは喜ばしい。青葉区を皮切りに拡大してほしい」と話した。

 プロジェクトでは、地域での古紙・古布の回収量1トンあたり50円が赤い羽根共同募金に寄付され、その寄付金が回収地区の福祉活動に活用される。同自治会の他に、旭区の希望が丘東連合自治会、緑区の長津田自治連合会が参加。今後、さらに市内各地区に参加を呼びかける方針だ。
 

青葉区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook