青葉区版 掲載号:2015年4月23日号 エリアトップへ

区役所屋上にPM2.5測定機 大気汚染 監視強化へ

社会

掲載号:2015年4月23日号

  • LINE
  • hatena
大気中のPM2・5を調査する測定機=区庁舎屋上
大気中のPM2・5を調査する測定機=区庁舎屋上

 横浜市は3月、微小粒子物質(PM2・5)の測定機を青葉区総合庁舎屋上(市ケ尾町31の4)に設置した。大気汚染への監視体制を強化するため、4月1日から測定を開始。1年間のデータを分析し、区民への情報提供や啓発に生かす考えだ。

 市内の測定局には、一般環境大気を測る「一般局」と自動車の排気ガスを測定する「自排局」がある。今回、市は一般局が整備されていなかった青葉区と西区(平沼小学校)の2カ所に測定機を設置。増設で一般局17カ所、自排局3カ所の計20カ所となり、詳細な状況把握が可能になる。市内全18区で一般局が整備されていないのは戸塚区のみ。今後、市は戸塚区でも設置を検討していく方針だ。

 環境省はPM2・5の環境基準の一つとして、1日の平均値が1㎥あたり35マイクログラム以下と定めている。青葉区総合庁舎測定局の数値は4月1日から19日まで、日平均で3・3〜31・1マイクログラムで推移し、今のところ環境基準以下となっている。市環境創造局担当者は「ほかの測定局と比べても、現状では大きな特徴はない。1年間のデータを収集し評価、分析していきたい」と話す。

 市は昨年7月、2013年度のPM2・5の状況について、有効測定日数を満たした8局で環境基準不適合の評価だったことを発表。同局管理課の松野一郎課長は「県内でも環境基準を満たしているエリアは少ない。車の排気ガスや工場の煙、化学反応など生成の仕組みも複雑なので、原因をしっかりと追究する必要がある」と話している。
 

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のトップニュース最新6

新人賞で詩集を出版

区内在住草間さん

新人賞で詩集を出版 文化

地域での日常、散りばめて

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

増える自殺 救うには

増える自殺 救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 経済

将来の労働力不足に対策

10月8日号

地域通貨で共助を盛んに

たまプラーザ

地域通貨で共助を盛んに コミュニティ経済

13日から実証実験

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク