青葉区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

昨年のラグビーW杯で日本代表として活躍し、最高峰の国際リーグ「SR(スーパーラグビー)」に挑戦する 松島 幸太朗さん 桐蔭学園高校出身 22歳

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena

「マイペース」で世界に挑む

 ○…「どんな状況でもマイペースでありたい」。昨秋のW杯では、鋭い走りと低く突き刺さるタックルでチームに貢献。持ち前の強心臓を発揮し、「受け身にならずに戦えば勝てると思っていた」と、自身のルーツでもある強豪国・南アフリカを破って世界中のラグビーファンを驚かせた。「プレッシャーはあまり感じない。大きな大会で自由にプレーさせてもらい、成長できた」。淡々と振り返る。

 ○…ジンバブエ人の父と日本人の母のもと、南アフリカで生まれた。小学校ではサッカーをしていたが、中学1年の時、友人らに誘われてラグビーを体験。「鬼ごっこやかけっこに通じる部分があり、面白かった」。当初は本格的に取り組むつもりはなかったが、日本に移り、加入したクラブのコーチに誘われて桐蔭学園高校の練習に参加。「雰囲気も良かったので『ここでやろう』と決めた」

 ○…同校での3年間で、ラグビーの基礎的な技術が培われた。3年時に同校初の全国大会優勝をしているが、最も印象深いのは準々決勝の東海大仰星(大阪代表)戦。1点リードで迎えた後半ロスタイム、味方の反則で、相手にペナルティーゴールの機会を与えてしまった。「『入るな』と祈るしかなかった――」。祈りが通じ、ゴールキックは失敗。辛くも勝利を掴んだ。「助走のタイミングがいつもと違ったから、蹴る直前に『外れるかも』と感じた」。当時から、どんな状況でも冷静に相手を観察できていた。

 ○…そんな思い出が詰まった高校時代を過ごした青葉区では、昨秋のW杯以降、ラグビースクールに通う子どもが増加。「嬉しい。ラグビーを楽しんでほしい」。ほおを緩めつつも「競技人口が増えれば、いい選手がどんどん出てくる」と気を引き締めることも忘れない。今月末からは、世界最高峰リーグに挑戦。横浜で決勝が行われる次回W杯を意識し「一日一日をレベルの高い環境で過ごしたい」。視線は常に、高みを見据える。

青葉区版の人物風土記最新6

井上 太市さん

青葉事業所防犯協会の会長を務める

井上 太市さん

恩田町在住 71歳

1月14日号

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月7日号

畑中 一希さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

畑中 一希さん

金沢区在住 20歳

1月7日号

高木 凜々子さん

バイオリニストとして国内外でリサイタルを開く

高木 凜々子さん

青葉区出身 24歳

1月1日号

杉山 紀子さん

約1600人の会員で構成される横浜市歯科医師会の会長を務める

杉山 紀子さん

栄区在住 65歳

12月24日号

赤塚 このみさん

「奥あざみ野 奥たまプラーザアソシエイション」で広報を務める

赤塚 このみさん

もみの木台在住 57歳

12月17日号

行政書士浅川事務所

遺言・相続の無料オンライン相談会を開催中!ぜひご相談を

https://ggn2019.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク