青葉区版 掲載号:2016年11月3日号 エリアトップへ

横浜市がん対策 国のビッグデータ活用へ 実態に即した施策めざす

社会

掲載号:2016年11月3日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は国が保有する医療ビッグデータ「ナショナルデータベース」(NDB)を活用し、市域のがん治療に関する医療実態を把握することで、より実践的ながん対策に乗り出す。全国の市町村でNDBデータの提供を受けるのは横浜市が初めて。

 横浜市では2014年に「がん撲滅対策推進条例」を施行し、がんの早期発見や予防、医療体制の整備などを進めてきたが、施策立案する上で基礎データの不足が課題となっていた。今回の動きはデータを分析することで、がん患者を取り巻く環境や実態の把握を進め、より実践的な対策を講じることを目的としている。

 NDBは診療報酬請求に関するレセプトデータや特定健診などに関するデータをまとめたもので、国が匿名化し一元的に管理している。昨年9月時点で約103億4千万件のレセプトデータと1億4200万件の特定健診・保健指導データが収載されている。

 厚生労働省は今年6月、それまで国の行政機関や都道府県、研究機関に限定されていた提供対象を市町村まで拡大。この制度改正を受け、市は市内のがん治療に関するレセプトデータの提供を国に申請し、基礎自治体としては全国で初めて承認を得た。

5万人分、60万件

 提供を受けるのは14年度、15年度のデータ。市内の医療機関などを利用したがん患者およそ5万人分で、性別や年代、外来通院頻度、使用している抗がん剤の種類や投与回数など60万件に及ぶ。

 これまでは全国一律の汎用的な統計データやアンケート調査をもとに施策を立案してきたが、提供を受けるデータを分析・解析することで今後は実態に沿った施策立案につなげたい考え。市医療局では「客観的なデータを分析することで、実態把握が進み、立体的な施策立案が可能となり、より適切な予算配分が実現でき、総合的ながん対策の推進につながる」としている。

統計学専門家が分析

 分析には大量のデータに対する統計分析の知識・技術、医学的知識が必要となる。市は横浜市立大学と連携協定を締結。国内のデータサイエンスの第一人者で、厚労省の先進医療専門部会のメンバーでもある山中竹春教授(医学部臨床統計学教室)をはじめとした、専門家と協力しながらNDBの分析を進めていく。

 同局によると年内には国からデータ提供を受け、来春までに分析を終わらせる予定。その後、解析を進め市のがん対策に活用する。

青葉区版のトップニュース最新6

オンラインで復活

青葉区民マラソン

オンラインで復活 スポーツ

来年1月に開催決定

10月21日号

国学院大から2人が指名

ドラフト会議

国学院大から2人が指名 スポーツ

桐蔭横浜大からも1人

10月21日号

市認定のNPO法人に

県転倒予防医学研究会

市認定のNPO法人に 社会

高齢者の健康維持に尽力

10月14日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月14日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

10月7日号

コロナ禍でも文化芸術を

コロナ禍でも文化芸術を 文化

鑑賞機会届けに奔走

10月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook