青葉区版 掲載号:2016年11月17日号 エリアトップへ

日本学生科学賞 津田君(すすき野中3年生)に県知事賞 同校4研究、全国審査へ

教育

掲載号:2016年11月17日号

  • LINE
  • hatena
県審査に応募した作品を持つ津田君
県審査に応募した作品を持つ津田君

 中高生が化学や物理、生物などの研究成果を競う全国規模のコンクール「日本学生科学賞」の神奈川県審査で、すすき野中学校の津田夏樹君(3年)が最高賞となる県知事賞を受賞。同校からほかに3件が入賞しており、計4研究が全国対象の予備審査に進んでいる。

 学内選考、横浜市の審査を経て臨んだ10月の県審査では、津田君のほか、佐野なつきさん(3年)が県教育委員会教育長賞、伊澤大悟君と岩本愛加さん、藤本瑞稀さん(いずれも3年)のグループが読売新聞社支局長賞、平野陽香さん(2年)が県中学校文化連盟会長賞を受賞した。県内中・高から153作品の応募があり、同作品を含む10作品が入賞している。

 昔から昆虫が好きで「アリの触角はどうなっているのか」と疑問に思っていたという津田君は「アリの触角と運動機能の関係〜行動にどう影響しているのか」をテーマに研究。触角のあるアリとないアリ、片方だけあるアリを観察し、エサの察知能力などの違いを調べ「触角が嗅覚や仲間とのコミュニケーションなどに関係している」と結論付けた。

 実験では、アリが同じ場所に集まらないよう球体の中にアリを入れて観察するなど、工夫を凝らした。「去年は市の選考で終わり、今回は上を目指していたので嬉しい」と喜びを語る。

 また、昨年も県審査で入賞した佐野さんは、前回のテーマを発展させ「温暖化は本当に氷河期をつくるのか?II〜海流の変化と気流の関係」と題し、研究。伊澤君、岩本さん、藤本さんのグループは「ビンから液体を出すときにするトクトク音を科学する」、平野さんは「『プニュプニュ』容器の研究〜運搬容器としての可能性を探る」と題したテーマで取り組んだ。

 今回、入賞作品の多さから初の学校賞も手にした同校。担当の小林靖幸教諭は「1、2年かけて取り組んだ作品もあり、生徒たちが頑張った成果が形になった」と話す。全国の予備審査の結果は12月中旬に発表される予定で、通過した30作品が、最終審査に進む。

佐野さん
佐野さん
伊澤さん、藤本さん、岩本さん
伊澤さん、藤本さん、岩本さん
平野さん
平野さん

青葉区版のトップニュース最新6

「平等」テーマに市長賞

国際平和スピーチコンテスト

「平等」テーマに市長賞 社会

榎が丘小 荒井結宇さん

9月23日号

コロナ禍で端末活用加速

横浜市立小中学校

コロナ禍で端末活用加速 教育

一律での実施に課題も

9月23日号

プロとコラボ 本番間近

市ケ尾高校ダンス部

プロとコラボ 本番間近 スポーツ

26日 Miyuさんと共演

9月16日号

生理の貧困 支援の動き

横浜市

生理の貧困 支援の動き 社会

官民連携で無償配布

9月16日号

工藤さんに功労者表彰

工藤さんに功労者表彰 社会

交通安全に取り組み50年

9月9日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

乳児と一緒にヨガ

乳児と一緒にヨガ

オイルマッサージも

9月18日~10月15日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

    9月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook