青葉区版 掲載号:2017年9月28日号 エリアトップへ

もみの木台自治会長として10月1日の「もみの木フェスタ」を主催する 松下 光一さん もみの木台在住 65歳

掲載号:2017年9月28日号

  • LINE
  • hatena

内に秘めるダンディズム

 ○…もみの木台をいいまちに、価値ある地域にしたい――。今年4月、自治会長に就任して初めて迎えるもみの木フェスタには、そんな願いを込める。幅広い世代に来てもらうべく、目指すイメージはヨーロッパのマルシェだ。「小さな子どもやお母さんも楽しめるような、おしゃれなイベントにしたい」と目を輝かせる。

 ○…「おしゃれ」は自身のキーワードでもある。和歌山県出身で、少年時代からの映画好き。中学生の頃はフランスの俳優アラン・ドロンのポートレートを大切に持ち、主演作を全て観るほど映画館に入り浸っていた。おしゃれに目覚めたのは高校生のとき。「ファッションが好きだった。花柄のプリントシャツを着て、やくざか、なんて言われてね」。大学入学後は、一世を風靡したTVドラマ「傷だらけの天使」の俳優が身を包む「BIGI」の服に夢中に。経営学専攻だったが在学中に文化服装学院の夜間部に入学し、新卒で業界大手の「ワールド」に入社。以来アパレルの世界に身をおき40年以上が経つ。

 ○…売れるものを作る、という考えに反発し「好きな服を売りたい」と幹部候補の座を捨てて転職したことも。海外の無名ブランドを国内で広めることにやりがいを感じ、これまで10社以上を経験してきた。「いい服は人生を変える。おしゃれは心を豊かにしてくれる」と力を込める。もみの木台で経営するブティック「blulea(ブルリ)」でも理念は同じ。値段ではない「いいもの」を地域の人に提供したい、と思いは強い。店名は「ブルーリーブス、『青葉』の造語なんだよ」とにっこり笑う。

 ○…青葉区に暮らし30年ほど。並木の整備など美化活動にも取り組み、自治会長としてよりよい地域づくりに力を入れる。「安全安心はもちろん、感性の高い、おしゃれなまちを目指したい。『小さくていいまちだね』って言ってもらえたら」。思いを込めた新たなまちづくりはこれからだ。

青葉区版の人物風土記最新6

池上 啓二さん

青葉区老人クラブ連合会の会長を務める

池上 啓二さん

鴨志田町在住 76歳

9月23日号

田中 雄大(たけひろ)さん

たまプラーザエリアの地域情報サイト「TamaPlan」を運営する

田中 雄大(たけひろ)さん

あざみ野在住 25歳

9月16日号

根岸 里香さん

やさしい街あざみ野実行委員会の実行委員長を務める

根岸 里香さん

あざみ野在勤 50歳

9月9日号

伊藤 慈(しげる)さん

油絵展を中区のみつい画廊で開催する

伊藤 慈(しげる)さん

恩田町在住 51歳

9月2日号

森 多恵さん

2021年度女性企業家賞を受賞した

森 多恵さん

青葉区在住

8月26日号

境 真樹さん

2021年-2022年度の横浜あざみロータリークラブ会長を務める

境 真樹さん

藤沢市在住 40歳

8月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

乳児と一緒にヨガ

乳児と一緒にヨガ

オイルマッサージも

9月18日~10月15日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

    9月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook