青葉区版 掲載号:2017年12月21日号 エリアトップへ

23日に行われる「クリスマスジュニアコーラス」の指導・指揮を務める 加藤 裕子(ひろこ)さん 保土ケ谷区在住 59歳

掲載号:2017年12月21日号

  • LINE
  • hatena

児童たちに音楽の喜びを

 ○…アートフォーラムあざみ野で毎年実施される「あざみ野クリスマスジュニアコーラス」。2006年の実施当初から、毎年応募で集まる小学生約30人の指導と、本番の指揮を行う。様々な体験を通じて表現の幅を広げてほしいと、合唱だけでなくミュージックベルやオペレッタなども練習し、歌うだけではない音楽の楽しさを伝えてきた。「表現をすることの喜びを感じてもらえれば」

 ○…熊本県出身。進学を機に上京、武蔵野音楽大学・大学院と進み、声楽を学ぶ。オペラや合唱ソリストとしての演奏活動の傍ら、音大付属の音楽教室の合唱講師として30年以上教育に携わってきた。結婚を機に保土ケ谷区民となり、「今では第2の故郷」の横浜市を中心に活動する市民音楽家集団にも所属。その縁で、コーラスの指導に関わることに。「口が開かなかった子どもが大きく開けて楽しそうに歌ったり。成長を見守るのが何よりも楽しい」

 ○…子ども時代は外で遊び回るのが好きな活発な少女だったそう。姉や母親の影響でピアノを習い始めるが、「嫌で仕方なかった」と笑う。その一方、小学校の音楽の授業で1人前に出て歌った体験が忘れられず、中・高と合唱部に所属。歌にのめり込んだ。「カラオケってみんな好きでしょ?”歌う”というのは面白いんです」。最近の好きな音楽は「日本歌曲」。週に一度、地域の女性らが集まり歌曲を歌う合唱団に参加するのが楽しみだ。「メンバーはみんなおばちゃん。いい息抜きになっています」

 ○…本番に向けた9回の練習では「傷は浅いうちに」と、困り事があれば何でも相談するようにと伝えている。「音楽嫌いは、子ども時代にしかられたから、なんてことが多い。音楽そのものを楽しんでほしい」。来年以降についても「誘いがあるうちは続けたい」と語り、あとは本番を待つばかり。「見に来た子どもたちが、次の参加者になってくれたらうれしいですね」

青葉区版の人物風土記最新6

神谷 信行さん

青葉区民芸術祭コーラス部会の部会長として「青葉コーラスのつどい」を運営する

神谷 信行さん

荏子田在住 73歳

6月30日号

三枝(さえぐさ) 和江さん

青葉区食生活等改善推進員(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

三枝(さえぐさ) 和江さん

すすき野在住 65歳

6月23日号

中村 茂さん

恩田駅前の遊歩道のアジサイを維持している水辺愛護会奈良川かわせみ会会長の

中村 茂さん

あかね台在住 71歳

6月16日号

高野 眞希さん

ラグビー女子日本代表として5月のオーストラリア遠征で活躍した

高野 眞希さん

美しが丘西出身 26歳

6月9日号

金子 茂文さん

中里連合自治会の会長に4月23日に就任した

金子 茂文さん

鉄町在住 73歳

5月26日号

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook