青葉区版 掲載号:2018年2月15日号
  • LINE
  • はてぶ

空舞う紙ヒコーキ 中里連合主催で大会

社会

声援を受け、力いっぱい飛ばす子ども
声援を受け、力いっぱい飛ばす子ども
 風に乗り、くるくると舞う紙ヒコーキ――。鉄小学校では2月10日、毎年恒例の手作り紙ヒコーキ大会が開催された。

 主催は中里連合自治会(澁谷要会長)。以前は市の大会の予選として行われていたものだが、地域交流や親子のふれあいを目的に大会廃止後も続けられ、この地域では30年以上となる。連合自治会内の鉄、黒須田、あざみ野第二、市ヶ尾小学校の児童をはじめ、大人も含めて約180人が参加した。紙ヒコーキの型紙が事前に配布され、それぞれが手作りして練習を重ねてきたという。

 大会は学年ごとに行われ、1人2回ずつ紙ヒコーキを飛ばして滞空時間の長さで競われた。参加者は自分の順番が来ると、周囲の声援を受けながら独自のフォームで精一杯紙ヒコーキを飛ばしていた。10秒超えの記録を叩き出す人もおり、大いに盛り上がりを見せていた。6年生で優勝した杉浦匠海(たくみ)君は「全部が楽しかった」と笑顔をみせた。

表彰された上位入賞者
表彰された上位入賞者

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

仏像彫刻100体ずらり

仏像彫刻100体ずらり

あざみ野で展示会

11月20日~11月25日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月22日号

お問い合わせ

外部リンク