青葉区版 掲載号:2018年3月29日号
  • LINE
  • はてぶ

元藤原歌劇団所属で、教え子とともにフィリアホールでゴスペルコンサートを開く Nicoさん(本名:大嶽邦子さん) 宮前区在住 65歳

歌って聞いて人生楽しく

 ○…日本最古のオペラ団体である藤原歌劇団に約40年間所属し、現在はたまプラーザなど区内3カ所でゴスペルや声楽の指導を行う。生徒たちと結成したゴスペルグループとして、4月にはフィリアホールでコンサートを開催。30代から80代までの教え子約30人とともに、ゴスペルだけではなく多種多様な曲を披露する。「みんなで音楽そのものを楽しんでほしい」

 ○…川崎市出身。ジャズや映画音楽が好きな両親のもとに生まれ、おしゃれが大好きだった少女時代。転機は中学生の時。授業で聞いたマリア・カラスの情感のこもった歌声に衝撃を受け、その道を志した。藤原歌劇団のソプラノ歌手に教えを受け、音大在学中に同歌劇団に入団。上下関係や作法などを徹底的にたたき込まれる世界に退団する人も多かったが、「向上する楽しさがありやめたいとは思わなかった」と快活に笑う。歌っていて「最高」の曲はカルメン。「喧嘩するシーンでは”お前が世界一”なんて言われて。やっぱり認められるのは嬉しいですね」

 ○…オペラだけではなく、ジャズなども歌うソロ歌手として活躍してきた一方、20代のころから声楽の指導にも力を入れてきた。「観客と同じ、受け手のことを考えるのが大事」と指導法のコツを明かし、長年生徒に成長する喜びを伝えてきた。「最初からプロはいない。いつか必ずできる時、認められる時が来るんです」。現役引退後には、教え子とゴスペルグループを結成。2年前に念願のアメリカ・ハーレムで合唱を行った。「観客が総立ちしたとき、教え子たちが認められたと嬉しかった」と目を細める。

 ○…ドライブが趣味で、40年間無事故無違反だと得意顔に。「好きな音楽を聞いたり歌ったりできるのがいいのかも」。「成せば成る」と全力で向き合ってきた音楽人生。「人生捨てたもんじゃない。そう思わせる力が音楽にはある」と、今後もその魅力を老若男女に提供したいと微笑んだ。

青葉区版の人物風土記最新6件

平田 照(あきら)さん

青葉区暴力団追放推進協議会(暴追協)の会長として、9月に関東管区内暴力追放功労者として表彰を受けた

平田 照(あきら)さん

10月18日号

小菅 澄男さん

第30回「福祉と文化の集い」を主催する恩田地区社会福祉協議会の会長

小菅 澄男さん

10月11日号

武内 正枝さん

青葉区倫理法人会の会長に就任した

武内 正枝さん

10月4日号

飯島 幹雄さん

青葉公会堂の館長として、区民の文化活動を支える

飯島 幹雄さん

9月20日号

大迫 正行さん

青葉区認知症フォーラムで医師として講師を務める

大迫 正行さん

9月13日号

坂本 千春さん

画材「キットパス」のインストラクターとしてハンドスタンプアートプロジェクトの普及につとめる

坂本 千春さん

9月6日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク