青葉区版 掲載号:2018年6月14日号
  • LINE
  • hatena

(PR)

スギ花粉症、ダニ… 舌下免疫療法で体質改善へ アレルギーの根治目指す

菊池 敏樹 院長
菊池 敏樹 院長
 止まらないくしゃみや鼻水、鼻づまりなど、つらい鼻炎に悩まされている人も多いのでは。市ケ尾町のきくち内科では、春先にやってくるスギ花粉症や、通年性のダニアレルギーへの治療として「舌下免疫療法」を行い、根本的な体質改善を目指している。

 「スギ花粉症の治療を始めるなら、飛散のピークが過ぎたこの時季がタイミング」と菊池院長。治療では、アレルギーの原因となる「アレルゲン」を少しずつ投与して体を慣らし、症状を和らげる。1日1回、少量から始め、その後は定期的に受診しながら決まった量を服用する。3年から5年ほど続ける必要があるが、長期的な症状緩和だけでなく、根本的な体質改善も期待されているという。

 新たにダニアレルギーの舌下免疫療法も始めた同院。こちらは季節を問わずいつでも治療が始められるという。

 日本呼吸器学会認定の呼吸器専門医でもある菊池院長。「気管支喘息を合併していることも多い。両方の症状に悩んでいる人もご相談を」

きくち内科

神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1167-1

TEL:045-532-5941

http://www.kikuchi-naika.com/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6件

新春を彩る江戸太神楽

東急不動産HDグループのシニア住宅「グランクレール青葉台」

新春を彩る江戸太神楽

12月13日号

稲の肉厚”ヒレかつサンド”

Xマス、年末年始のパーティーや手土産に

稲の肉厚”ヒレかつサンド”

12月13日号

「空家の実家」どうする?

無料セミナー

「空家の実家」どうする?

12月13日号

小児矯正、時間がかかることに理解を

成長発育をみてじっくり治療

小児矯正、時間がかかることに理解を

12月13日号

「大腸内視鏡検査、下剤が苦手…」

苦痛の少ない検査を実践 シリーズ【11】

「大腸内視鏡検査、下剤が苦手…」

12月13日号

飼い犬も「笑顔に」

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 9月13日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今年最後の運試し

藤が丘

今年最後の運試し

9日から大抽選会

12月9日~12月16日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク