青葉区版 掲載号:2018年6月14日号 エリアトップへ

(PR)

スギ花粉症、ダニ… 舌下免疫療法で体質改善へ アレルギーの根治目指す

掲載号:2018年6月14日号

  • LINE
  • hatena
菊池 敏樹 院長
菊池 敏樹 院長

 止まらないくしゃみや鼻水、鼻づまりなど、つらい鼻炎に悩まされている人も多いのでは。市ケ尾町のきくち内科では、春先にやってくるスギ花粉症や、通年性のダニアレルギーへの治療として「舌下免疫療法」を行い、根本的な体質改善を目指している。

 「スギ花粉症の治療を始めるなら、飛散のピークが過ぎたこの時季がタイミング」と菊池院長。治療では、アレルギーの原因となる「アレルゲン」を少しずつ投与して体を慣らし、症状を和らげる。1日1回、少量から始め、その後は定期的に受診しながら決まった量を服用する。3年から5年ほど続ける必要があるが、長期的な症状緩和だけでなく、根本的な体質改善も期待されているという。

 新たにダニアレルギーの舌下免疫療法も始めた同院。こちらは季節を問わずいつでも治療が始められるという。

 日本呼吸器学会認定の呼吸器専門医でもある菊池院長。「気管支喘息を合併していることも多い。両方の症状に悩んでいる人もご相談を」

きくち内科

神奈川県横浜市青葉区市ヶ尾町1167-1

TEL:045-532-5941

http://www.kikuchi-naika.com/

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

見せない補聴器

認定補聴器専門店

見せない補聴器

完全予約制にて営業再開貸出フェアも開催中!

5月28日号

山形の最高峰「尾花沢牛」を食べて応援

青葉台「アッシェドールタケウチ」でテイクアウト

山形の最高峰「尾花沢牛」を食べて応援

当面の間半額決定 サーロインステーキ重が2650円に

5月28日号

新院長に遠田氏が就任

新横浜スパインクリニック

新院長に遠田氏が就任

「首、腰の手術に全力」

5月28日号

「コロナ禍でも、がんは進行しています」

医療レポート【3】 がん検診を忘れていませんか?

「コロナ禍でも、がんは進行しています」

5月28日号

自粛中でも脳卒中の予兆見逃さないで

頭痛、めまい、しびれに即日対応のMRIを

自粛中でも脳卒中の予兆見逃さないで

開院1周年 横濱もえぎ野クリニック

5月28日号

子どもの元気を育む英語教室

オンラインでも楽しめる工夫がいっぱい

子どもの元気を育む英語教室

「ラボ・パーティ」新規生徒募集

5月14日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク