青葉区版 掲載号:2018年6月21日号 エリアトップへ

青葉区連合自治会長会の会長に就任した 関根 宏一さん 奈良在住 76歳

掲載号:2018年6月21日号

  • LINE
  • hatena

次世代に誇れるまちへ

 ○…区内15地区の連合自治会・町内会の代表で組織される青葉区連合自治会長会の会長に就任。地域住民の代表となる責任の重さに表情を引き締めながら、「青葉区に対して愛着があるから、まちを次世代に繋ぐ仕事に関われるのは幸せなこと」と目を輝かせる。「少子高齢化を遅らせるためにも若い人が住みやすい青葉区にしていきたい」

 ○…奈良小学校の第一期生。先祖代々奈良地区の農家だったが、大学卒業後は技術者としてねじの製造に携わる。40代半ばで高等専修学校の数学教師に転職すると、子ども一人ひとりの個性に合わせた指導を心掛け、「明鏡止水」の精神を繰り返し伝えてきた。教え子からの近況報告の話になると思わずにっこり。「やりがいのある仕事でしたね」

 ○…「自分たちのまちは自分たちでしっかり守っていかなきゃいけない」と、50代で奈良一丁目自治会の会長となり、10年ほど前に奈良町連合自治会の会長に。こどもの国線の通勤線化や交番の日パトロール実施に尽力するなどアイデアと行動力で活躍してきた。趣味は4段の腕を持つ剣道。最近は忙しく「道場にも通えない」とこぼすが、素振りは今でも行っているそう。結婚後50年近い月日が流れたが、現在も夫婦仲が良く、「会長の仕事も理解してくれる。感謝しています」との言葉に深い愛情をにじませる。

 ○…節目となる区制25周年を来年に控え、「青葉区の魅力を全国に発信していきたい」と力を込める。施策を考えるのは行政だが、それを実現させるのは自分たちの仕事だとの自負も強い。だからこそ、ほかの連合会長をはじめ、関係団体と協力し合い、一丸となってまちを支えていきたいのだという。目指しているのは「孫の代まで誇れるようなまちづくり」。その手腕に期待がかかる。

青葉区版の人物風土記最新6

神谷 信行さん

青葉区民芸術祭コーラス部会の部会長として「青葉コーラスのつどい」を運営する

神谷 信行さん

荏子田在住 73歳

6月30日号

三枝(さえぐさ) 和江さん

青葉区食生活等改善推進員(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

三枝(さえぐさ) 和江さん

すすき野在住 65歳

6月23日号

中村 茂さん

恩田駅前の遊歩道のアジサイを維持している水辺愛護会奈良川かわせみ会会長の

中村 茂さん

あかね台在住 71歳

6月16日号

高野 眞希さん

ラグビー女子日本代表として5月のオーストラリア遠征で活躍した

高野 眞希さん

美しが丘西出身 26歳

6月9日号

金子 茂文さん

中里連合自治会の会長に4月23日に就任した

金子 茂文さん

鉄町在住 73歳

5月26日号

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook