青葉区版 掲載号:2018年8月2日号
  • LINE
  • はてぶ

居場所づくりで介護予防 市の補助受け活動15回

社会

レクの時間に会話を楽しむ参加者
レクの時間に会話を楽しむ参加者
 NPO法人神奈川県転倒予防医学研究会が7月19日、横浜市の補助を受けて介護予防と高齢者の居場所づくりを目指す「青葉GOGOクラブ」の15回目の活動を行った。

 これは市が取り組む「介護予防・生活支援サービス補助事業」として実施しているもの。高齢になっても住み慣れた地域で暮らし、社会参加を促すことを目的としている。

 青葉GOGOクラブは区内で唯一補助を受け、今年の4月から毎週木曜日、たまプラーザ地域ケアプラザで活動を行う。

 15回目のこの日は20人の参加者が、転倒による寝たきりを防止するための体操のほか、コーラスを実施。その後レクリエーションとして参加者同士の交流を深めた。初回から参加する白根有子さん(85)は「声を大きく出せて、体も動かせて楽しい」と話していた。

 同会の朝香好平理事長は「回数を重ねるごとにコミュニケーションが活発化している。やってみてよかった」と語った。

青葉区版のローカルニュース最新6件

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク