青葉区版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

(PR)

東京工芸大学プレゼンツ『ロボフェス2018』 ロボが集結 操縦体験も 入退場自由・無料 9月1日(土)パシフィコ横浜

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 さまざまなロボットが集結し、全て無料で操縦体験や工作ができる『ロボフェス2018』が開催される。パシフィコ横浜展示ホールCで、9月1日(土)午前10時から。

 当日は、国内屈指のロボットコンテストが複数行われる。操縦/プログラミング型部門に分かれ千台超が覇を競う「ロボット相撲」。複雑な迷路を高速でロボが駆け抜ける「マイクロマウス」、二足歩行ロボの格闘競技「ROBO-ONE」。全自動ロボによるサッカー「Robo Cup」。全国からロボ好きが集結し、普段見ることのできないロボコンが入退場自由・無料で見放題!

 体験エリアは、午前10時から午後4時。さまざまな体験からロボやものづくりの楽しさを学べる。

 さがみロボット産業特区によるドローン操縦体験や、生活支援ロボを体験できるロボット体験キャラバン出張デモ、同特区の取組紹介展示がある。

 東京工芸大は「色覚を考える」体験ができる、カラボギャラリーが出張展示。工学部機械コースの研究や開発したロボの紹介もある。

 ほかにバトルや相撲、サッカーのロボ操縦やプログラミング教室、工作体験のほか、アイドルロボ「アイドロイド5」のダンスショーも予定。

 年齢制限や人数制限、時間限定のものがあり、整理券配布/抽選方法が異なるので注意。詳細はHPへ。

 あまりの来場者数に今回から場所を移しての開催となった人気イベント。夏の終わりに子どもから大人までが楽しめる内容なので、みんなで足を運んでみては。

ロボフェス2018実行委員会

神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

http://www.seit.t-kougei.ac.jp/vision/RobotFestival/index.html

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

補聴器のプロに聞こう

63年の安心・パナソニック

補聴器のプロに聞こう

10月27日(水) グランベリーパーク内

10月21日号

家族のように寄り添うかかりつけ医に

内科・循環器内科で幅広く診療 新規開院

家族のように寄り添うかかりつけ医に

田園都市高血圧クリニックかなえ

10月21日号

一生に一度の家作りはアスカ建設へ

注文住宅を建てたい方へ

一生に一度の家作りはアスカ建設へ

地域密着の建設会社に頼むという選択肢

10月21日号

ビックリ絵画展

ビックリ絵画展

20〜70%オフ「開店2周年感謝」

10月21日号

無料の相続相談会

無料の相続相談会

新横浜の各事務所及びオンラインで対応各事務所とも感染防止対策済

10月21日号

放課後クラブの職員募集

放課後クラブの職員募集

週2〜可 40〜50代男女活躍中

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook