青葉区版 掲載号:2018年8月23日号 エリアトップへ

公と民で子育てイベント 「どにち★ひろば」周知へ

教育

掲載号:2018年8月23日号

  • LINE
  • hatena

 青葉区と民間企業などが協力し、たまプラーザ地域ケアプラザで実施中の親子向けイベント「どにち★ひろば」。区は子育て世代に事業を知ってもらいたいと、8月28日(火)に同イベントを体験できる「親子でenjoy!あそびのひろば」をプラーザホールで初開催する。

 「どにち★ひろば」は民間企業や団体が得意分野を生かし、親子で参加できるプログラムをそれぞれ土曜・日曜に実施する公民連携事業。2012年度に始まり、今年度は離乳食講座や親子運動教室、フラダンス教室などが行われている。

 土日開催のため、平日に勤めている保護者も参加しやすい上、民間のノウハウを活用したプログラムを原則無料で提供するのが特徴。企業・団体側は直接的な営業活動はできないものの、地域貢献につながるなどのメリットもある。

 今まで別々の日程で各企業・団体が開催していた「どにち★ひろば」を1日で体験できるのが、28日の「あそびのひろば」だ。区こども家庭支援課は、事業を周知するきっかけにしたいと狙いを話すほか、協力企業・団体が一堂に会することで民間同士のさらなる連携につながることも期待しているという。

 28日はたまプラーザテラスのプラーザホールで午前11時から午後1時まで開催。4社1団体がプログラムを用意するほか、保育園の申し込み相談や子育て情報コーナーもある。申込不要で、対象は0歳〜小学生(保護者同伴)。授乳・おむつ替えスペースあり。同課は「イベントを通して今後の展開も検討していければ」と話している。

 詳細は同課【電話】045・978・2456、または区のHP(ホームページ)を参照。

青葉区版のトップニュース最新6

新人賞で詩集を出版

区内在住草間さん

新人賞で詩集を出版 文化

地域での日常、散りばめて

10月22日号

外国人の相談窓口開設

横浜市居住支援協議会

外国人の相談窓口開設 社会

国の人手不足対策と連動

10月22日号

増える自殺 救うには

増える自殺 救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月15日号

街路灯維持 揺らぐ商店街

街路灯維持 揺らぐ商店街 社会

補助金活用も改修費重荷

10月15日号

「運転席無人」バスは国内初

市・企業など実証実験

「運転席無人」バスは国内初 経済

将来の労働力不足に対策

10月8日号

地域通貨で共助を盛んに

たまプラーザ

地域通貨で共助を盛んに コミュニティ経済

13日から実証実験

10月8日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 6月18日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

マジック学ぶ2日間

マジック学ぶ2日間

藤が丘地区センター

11月4日~11月11日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 市、追加調査で準備進める

    〈連載【14】〉国の申請受付が延期に IRと横浜

    市、追加調査で準備進める 社会

    10月22日号

  • 求められる子どもの主体性(2)

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」【10】

    求められる子どもの主体性(2)

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    10月15日号

  • 歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.6

    「屋号 後編」

    10月15日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク