青葉区版 掲載号:2019年3月7日号
  • LINE
  • hatena

横浜市 大腸がん検診を無料化へ 受診者増目指す

社会

 横浜市は、大腸がん検診の自己負担額を今年4月から無料化する。大腸がん検診は、2016年度に国の無料クーポンが廃止され受診者数が減少していた。市は無料化に対して19年度の当初予算案に1億800万円を計上。4月からの無料化は、神奈川県内では横浜市のみ。

 がんは近年、2人に1人が罹患するといわれ、横浜市民の死亡原因の1位。中でも大腸がんは罹患者が最も多い。

 横浜市では、現在個人が加入している健康保険などでは受診機会のない市民を対象に胃、肺、大腸、子宮、乳、前立腺がんの検診を行っている。大腸がん検診は40歳以上が対象で自己負担額は600円。大腸内の出血の有無を調べる便潜血検査で2日分の便を検査する。

 大腸がん検診は、11年度から国が無料クーポンを配布し5年間無料だった。この5年間は受診者数が増加し、15年度は16万人超えに。ただ、クーポンが廃止された16年度以降は受診者数が減少。17年度は13万6874人で15年度から約2万5千人減っていた。

 横浜市では例年、がん検診の案内書を対象者に送るなどし、周知を図ってきたが、受診者増にはつながっていない。横浜市健康福祉局の担当者は「無料クーポンが廃止されたことで受診者が減ってしまったと推測される」と話す。

 こうした状況を受け、市独自の対策として無料化を導入する。横浜市健康福祉局では、大腸がん検診を無料化にする理由として、罹患者数が1位で男女ともに簡単に受けられることをあげる。さらに、大腸がん検診を受けてもらうことで他のがん検診も受診してもらう相乗効果を期待している。

974の医療機関で受付

 大腸がん検診は974の医療機関で受けられる。(一社)横浜市医師会の副会長で武安医院=磯子区=の武安宣明院長は「年に一度受け続けることで早期発見、早期治療に結び付く。かかりつけ医からも『無料になったので』と勧めやすくなる。かかりつけ医からの啓発も重要になる」と話す。

 大腸がん検診の無料化は、現在開会中の横浜市会第1回定例会の議決を経て、4月1日から導入される。

青葉区版のトップニュース最新6件

自転車道ロゴをデザイン

横浜美術大学小柳さん

自転車道ロゴをデザイン

4月25日号

「心臓リハビリ」普及に着手

価値を引き継ぎ50年

桜台ビレジ

価値を引き継ぎ50年

4月18日号

両陛下がこどもの国に

「発展に向け、躍動する年に」

新人田中氏、市議選トップ

統一地方選

新人田中氏、市議選トップ

4月11日号

ボディエンス

たまプラーザに6/9グランドオープン

https://www.bodience.com/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子育てイベント初開催

ラフェリーチェ

子育てイベント初開催

家庭内の悩み相談も

5月2日~5月2日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク