青葉区版 掲載号:2019年3月21日号
  • LINE
  • hatena

横浜市 家賃補助住宅伸び悩む 登録拡大に向け要件緩和

社会

 昨年9月に横浜市がスタートさせた家賃補助付きセーフティネット住宅事業。2月末現在で130戸の募集に対し10戸と、登録件数は伸び悩んでいる。市はこうした状況を打開しようと、補助要件の緩和などを盛り込み2019年度の募集を開始した。

 セーフティネット住宅は、一昨年改正されたセーフティネット制度に基づいて低額所得者や高齢者、障害者などの住宅確保困難者の入居を拒まない賃貸物件のこと。物件所有者が全国の政令市等に同住宅を登録している。

 市内では空き家・空き室が増加傾向にあり、今後も増え続けることが予想されていることから、市は同制度を活用した事業を拡大したい考えだ。登録戸数を増やしたい市は昨年9月、耐震基準など一定条件を満たす物件(オーナー)に対して家賃などを補助する「家賃補助付きセーフティネット住宅」130戸を公募した。だが、2月末時点で登録は10戸に留まっているのが現状。市は「関心のある不動産会社やオーナー宅への戸別訪問で地道に制度の説明を行っている」と話すが、登録件数の伸びにはつながっていない。また、これまでは物件ごとに市営住宅家賃相当額を算出し、そこに4万円を加えたものを家賃上限額に設定していたが、「都心部や面積が広い住戸は、設定されている家賃上限額が相場とあっていない」「手続きが面倒」などの声が寄せられたという。

 こうした声に対応するため市は19年度募集物件の家賃上限額を見直した。これにより都心部で41平方メートルの物件はこれまでの上限6万8000円から8万1200円に引き上げられることになる。

 さらに、登録時に必要な書類が多く手続きに1〜2カ月かかっていたことを踏まえ、「各階平面図」「固定資産税の評価証明」「家賃補助額計算シート」などの提出書類を一部省略することで事務負担軽減を図った。1日に行われた住宅オーナーや不動産会社向けの説明会には約50人が参加するなど、一定の関心はある。

 市建築局の担当者は、「入居希望者からの問い合わせが増えている。これに対応できるよう、登録物件を増やして選択の幅を広げたい」とした。

青葉区版のトップニュース最新6件

自転車道ロゴをデザイン

横浜美術大学小柳さん

自転車道ロゴをデザイン

4月25日号

「心臓リハビリ」普及に着手

価値を引き継ぎ50年

桜台ビレジ

価値を引き継ぎ50年

4月18日号

両陛下がこどもの国に

「発展に向け、躍動する年に」

新人田中氏、市議選トップ

統一地方選

新人田中氏、市議選トップ

4月11日号

ボディエンス

たまプラーザに6/9グランドオープン

https://www.bodience.com/

<PR>

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

子育てイベント初開催

ラフェリーチェ

子育てイベント初開催

家庭内の悩み相談も

5月2日~5月2日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年4月25日号

お問い合わせ

外部リンク