青葉区版 掲載号:2019年3月28日号 エリアトップへ

転倒予防で健康増進 3月29日に100回記念教室

文化

掲載号:2019年3月28日号

  • LINE
  • hatena
参加を呼び掛ける朝香理事長(右)
参加を呼び掛ける朝香理事長(右)

 区内で介護予防プログラムを行うNPO法人神奈川県転倒予防医学研究会(朝香好平理事長)の「転倒予防教室」が2019年3月29日(金)、たまプラーザ地域ケアプラザで記念すべき100回目を迎える。

 高齢者は転倒すると骨折しやすく、それが寝たきりや介護の必要な生活に繋がりやすい。同法人はこうした転倒事故をなくし、高齢者が元気に過ごす手伝いをしたいと2013年に設立された。17年からはたまプラーザ地域ケアプラザなどで毎月4回、転倒しないための身体づくりを行う運動教室を開催してきた。

 当日は片足立ちの運動やいすに座って手を使わずに立ち上がる運動などを行うほか、参加回数に応じた表彰式も実施予定だ。朝香理事長は「皆さんよく頑張って通ってくれた。毎回参加して健康になって『幸せ』という人もいる。今後も続けていければ」と話す。

 午後1時30分から2時40分。参加費300円。申込み、詳細は同法人【電話】045・532・6106(木・土・日休み)へ。
 

転倒予防教室

13:30開始 〜 2:40終了

事前申込みが必要

神奈川県横浜市新石川2-1-15たまプラーザテラスリンクプラザ4F

費用:300円

問い合わせ先:神奈川県転倒予防医学研究会

TEL:045-532-6106

青葉区版のローカルニュース最新6

商店会の絆で弁当販売

商店会の絆で弁当販売 社会

桜台商店会 NPO法人エキープ

5月28日号

平和のバラ見頃

平和のバラ見頃 文化

寺家町・のむぎで

5月28日号

自宅で楽しく歯磨き遊び

自宅で楽しく歯磨き遊び 社会

区内歯科がキットを配布

5月28日号

症状あれば診療所へ

新型コロナ

症状あれば診療所へ 社会

自宅療養せずに受診を

5月28日号

文化芸術の担い手に支援金

【Web限定記事】横浜市

文化芸術の担い手に支援金 文化

28日から申請開始

5月28日号

マスクと消毒液を地域に

【Web限定記事】

マスクと消毒液を地域に 社会

困ったときは助け合い

5月28日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク