青葉区版 掲載号:2019年3月28日号
  • LINE
  • hatena

元日本代表で、4月に開幕するイトゥアーノFC横浜の監督に就任した 山田 暢久さん 埼玉県在住 43歳

20年の経験 どう伝えるか

 ○…元サッカー日本代表で、浦和レッズの選手として20年間活躍した「ミスターレッズ」。引退から5年、監督としての第一歩を青葉区生まれの社会人サッカークラブ「イトゥアーノFC横浜」で歩み始める。県1部リーグという舞台に「Jと違いがありすぎて」と戸惑いを隠せないが、4月の開幕戦に向け「任せてもらったからにはしっかりと挑みたい」と静かに語る。

 ○…静岡県出身。「山と川しかない」環境で育ち、小学2年で始めたサッカーは「他に遊ぶものがなくて」と自然と心を奪われた。当時は「落ちこぼれだった」と振り返るが、「自分よりうまい人を目標にやるのが楽しくて」と練習を重ね、藤枝東高校卒業後はJリーガーに。その後1度も移籍することなく記録した出場回数は501と偉業を達成。サッカーの醍醐味は「経験しないとわからない」と20年の重みを見せる。

 ○…引退後、イトゥアーノを運営するNPO法人セイントフットサッカークラブと出会う。「地元に帰ろう」とも考えていたが、強い要望を受け、「縁だから」と監督業を引き受けた。細かいパスを繋ぐポゼッションサッカーを理想に掲げるが、「どのように選手たちに落とし込むか、プロじゃないだけに難しい」と新米監督の苦悩はつきない。

 ○…埼玉では子ども向けのサッカー教室を開き、横浜と行き来する日々だが、リフレッシュはゴルフ。現役時代は多くて月4日はコースに出ていたが、「今は月1くらい」と笑う。チーム練習は週に3日だが、社会人チームが故に選手全員が揃うのは稀で、「彼らのモチベーションをどのように保たせるかが課題」と話す。最終目標はJリーグのイトゥアーノ。「プロ時代の経験を生かして、技術や戦術など少しずつ伝えていければ」。開幕直前、その采配に期待がかかる。

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6件

植松 哲平さん

FMヨコハマの夕方の人気番組「Tresen」のメインDJとして3年目を迎えた

植松 哲平さん

5月16日号

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

第17代横浜観光親善大使に選ばれた

川内(かわうち) 美月(みずき)さん

5月1日号

畠中 槙之輔さん

横浜F・マリノスに所属し、3月にサッカー日本代表に初選出された

畠中 槙之輔さん

4月25日号

大野 晶尚(あきひさ)さん

今春、青葉警察署長に着任した

大野 晶尚(あきひさ)さん

4月18日号

加々美 寛子さん

NPO法人の理事として、転倒予防教室を100回開催した

加々美 寛子さん

4月11日号

藤田 みささん

FMサルースでお馴染み、ラジオパーソナリティとして30年を迎えた

藤田 みささん

4月4日号

青葉区版の関連リンク

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク