青葉区版 掲載号:2020年1月30日号 エリアトップへ

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.2 「谷戸 前編」

掲載号:2020年1月30日号

  • LINE
  • hatena

 高尾山麓から南東に向かって下りてきた多摩丘陵。その小高い丘陵台地が雨や湧き水によって浸食されて形成された谷状の地形を谷戸(やと)と呼ぶ。青葉区が開発される前の航空写真を見れば、樹木の生い茂った黒っぽい丘陵地と白い谷戸がまるで毛布のシワのように折り重なっているのが分かる。

 青葉区(当時は緑区)に越してきた頃、近所のスナックで「谷野さん」という方と知り合った。ボトルの名前を見て、「ヤノさん」と呼んでいたら、しばらくして「ヤノじゃなくヤトノです」と笑いながら訂正された。慌てて謝ったが、「なぜ(ト)が入るんですか?」と訊ねる勇気は二十代の自分にはなく、ただ釈然としない気持ちだけが残った。

 谷戸という地名があることを知ったのは、ずいぶん経ってからのこと。最初に出会ったのは、元石川町にある尾作(おざく)谷戸。県道13号の覚永寺下信号から荏子田方面へ伸びる細長い集落の呼称だと地元の方に教わった。

 谷戸の景観が楽しめる場所として「寺家ふるさと村」が有名だが、恩田の白山谷戸や奈良川の源流にある土橋(つちはし)谷戸も、谷戸の自然や雰囲気がそのまま残されている。

 あざみ野駅と江田駅の間には、かつて自然の宝庫と呼ばれた赤田の谷戸が東西に横たわっていた。小黒谷戸(荏田)、蓬谷戸(美しが丘西)、中谷戸(千草台)などはバス停にその名を留める。鴨志田の中谷都バス停も本来は中谷戸だったに違いない。荏田北の長谷第一、第二公園は思わず(はせ)と読みそうになるが、(ながやと)と読む。奈良三丁目の熊ケ谷も戸が付かないが、(くまがやと)だ。調べてみると、本来は「谷」一文字で(やと)と読んでいたらしい。なるほど、谷野さんの名前に(ト)が入るのは、本来の読みだったのだ。

     後編につづく
 

青葉区版のコラム最新6

子どもの学びを止めるな!

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【5】

子どもの学びを止めるな!

桐蔭学園理事長 溝上慎一

5月14日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第3回「保育園もがんばっています」

4月30日号

コロナ苦難を乗り越えた先の学校は

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【4】

コロナ苦難を乗り越えた先の学校は

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月16日号

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.3

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第2回「コロナウイルス、心配ですよね」

3月19日号

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表

推進前提に意見公募

IRと横浜

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日0:00更新

  • 2月6日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月28日号

お問い合わせ

外部リンク