青葉区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

日体大フィールズ リーグ開幕戦は引き分け コロナの影響で無観客

スポーツ

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
集合写真もソーシャルディスタンスで=提供
集合写真もソーシャルディスタンスで=提供

 新型コロナウイルスの影響で開幕が延期されていた女子サッカー「2020プレナスなでしこリーグ」が7月18日に開幕した。2部所属の日体大フィールズ横浜=鴨志田町=はホームで大和シルフィードと対戦。結果は1対1の引き分けに終わったが、選手たちは試合ができる喜びを胸に、ピッチを躍動した。

 なでしこリーグ2部は10チームの2回戦総当たり制。今季は1部への自動昇格、入替戦はない。開幕から2節は無観客試合で開催される。

 昨季1部残留を逃し、涙を飲んだフィールズ。今季はコロナの影響でチームの始動が遅れたが、萩原直斗新監督のもと練習を重ねてきた。

 県立保土ケ谷公園サッカー場に大和シルフィードを迎えて行われた開幕戦。フィールズは前半開始からボールをサイドに広く展開し、キャプテンの嶋田千秋選手が積極的にシュートを放つなど押し気味に試合を進めた。試合が動いたのは後半68分。シルフィードのコーナーキックからオウンゴールで失点する苦しい展開となったが、72分に途中出場した目原莉奈選手が技ありのループシュートでゴールを決めて同点に。その後も一進一退の攻防が続いたが、両者譲らず試合終了となった。

 試合を終え、萩原監督は「今シーズンの開幕を迎えられたのは多くの方々の尽力のおかげ。勝利を届けることができず悔しいが、この試合で出た課題を修正し、次節に繋げていきたい」とコメント。嶋田キャプテンは「このチームはまだまだ伸びしろだらけ。結果にこだわりながら、毎週成長した試合をできれば」と語った。フィールズの次節は7月26日、アウェーでちふれASエルフェン埼玉戦。

同点ゴールを決めた目原選手(左)
同点ゴールを決めた目原選手(左)

青葉区版のトップニュース最新6

子ども支援4団体に寄付

区内ロータリークラブ

子ども支援4団体に寄付 社会

「コロナ禍を乗り越えて」

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

コロナで販路減り苦境に

横浜市内障害者施設

コロナで販路減り苦境に 経済

仲介組織が下支え

6月3日号

1都7県の頂点に

鼓粋ジュニア部

1都7県の頂点に 文化

8月、和太鼓の全国大会へ

6月3日号

「青葉区スポーツ協会」に

「青葉区スポーツ協会」に スポーツ

体協から名称変更

5月27日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 経済

コロナ禍 市内の申請増加

5月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

育児夫婦のすれ違いなぜ

育児夫婦のすれ違いなぜ

笑い、涙ありのトーク会

6月26日~6月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter