青葉区版 掲載号:2021年2月4日号 エリアトップへ

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.8 「ばっちらげっこ」

掲載号:2021年2月4日号

  • LINE
  • hatena

 ばっちらげっこ。一瞬、この地方独特のカエルの呼び名かと思った。

「昔は兄弟が多いから、ごはんどきはバッチラゲッコ。モタモタしてると食いっぱぐれんのよ」

 少子化のためか、最近はあまり見かけないが、昔の家庭では日常の光景。そう、おかずの奪い合いのこと。「先を争って競争する」ことを多摩地方や神奈川県では「ばっちらげっこ」と言うのだそうだ。

 調べてみると、山梨県では「ばっちらこう」。同じく、群馬県は「ばっちらこと」。長野県では、先を争うという意味で「ばっちらがる」。静岡県では電車の座席取りなど、独占するという時に「ばっち」「ばった」「ばっちらがう」を使う。ニュアンスは微妙に違うが、「ばっちら」だけで「争う」「奪う」という意味になることは間違いない。ちなみに、茨城県は「ばいさらー」栃木県は「ばいさりあう」…と、少し穏やかな感じになる。

 後ろにくっつく「げっこ、こう、こと、がる、がう」は、複合動詞として使われる「〇〇合う」に該当する。並べてみると「げっこ」だけが、はっちゃけた印象を受ける。以前紹介した「おっぺす」のように、促音を入れて強調するこの地方独特の言い回しなのだろう。穏やかな北関東との気質の違いが表れていて、じつに興味深い。

 このコロナ禍でおかずも個別に取り分けるようになった。家庭内のばっちらげっこも消滅していくのだろう。それに引き替え、災害が起きるたびに繰り広げられるスーパーやコンビニでの争奪戦。電池だ!マスクだ!消毒液だ!こんなバッチラは、もうケッコウだ!

(つづく)

 さらに詳しい情報は、ブログ「歴史探偵・高丸のニッポン放浪ファイル」を御覧ください。

【URL】http://fanblogs.jp/tantei2019takamaru/
 

青葉区版のコラム最新6

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第13回「赤ちゃんの人見知り泣きは人を信じる本能を育てます」

4月22日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第10回『子どもの近視はどうしたらよいですか?』

4月22日号

子どもの学びとウェルビーイング

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

子どもの学びとウェルビーイング

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月22日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第9回『花粉症の目の痒みの辛さはどうしたら?』

3月25日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第12回「生きる力の基礎は日常生活の中に知恵が」

3月25日号

GIGAスクール構想の始動

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【13】

GIGAスクール構想の始動

桐蔭学園理事長 溝上慎一

2月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter