青葉区版 掲載号:2021年5月27日号 エリアトップへ

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.9 「そそらそっぺ」

掲載号:2021年5月27日号

  • LINE
  • hatena

 ほっぺが落ちそうなほど甘くて美味しい♪心そそられるスイーツ…ではない。関東で使われていた方言だ。

 「こらっ!そそらそっぺな仕事してっと、ケガすんべぇ!」などと使っていた。すなわち、いいかげん、中途半端という意味だ。同じニュアンスで思いつくのが「上の空」。平安時代から使われている言葉で、心奪われている状態を表す「空なる心」が、強調されて「上の空なる心」と表現したのがはじまり。「そそら」とは、この「上の空」の空ではなかろうか…と、考えた。しかしなぜ「そ」を二つ重ねる必要がある?「そらそっぺ」じゃダメなのか?疑問が湧いた。

 そこで思いついたのが「気もそぞろ」という言葉。「そぞろ」は「漫ろ」と書く。意味は、何かに気を取られて落ち着かない状態。「上の空」と同じである。「そぞろ」が「そそら」になったとするなら「そ」が重なる理由も解ける。

 じゃあ「そっぺ」は何か?ネットで検索したら、仙台弁の「はぎれの板、薪」がヒットした。でも、これは却下。次に見つけたのが「そっぺねー」。新潟の方言だ。「味が足りない」とか「素っ気ない」という時に使うらしい。「気もそぞろで素っ気ない」お!これはアリかも…。

 なんてことを考えていたら、隣でカミさんが何やら喋っているのに気がついた。「え、何?」返事をすると、「さっきからずっと話してるのに、聞いてなかったの?」「もう、いい!」と、キレられた。なだめすかすも完全無視の「そっぺ返し」。やれやれ、そそらそっぺはケガの元。考え事はお風呂にかぎる。

       (つづく)

 さらに詳しい情報は、ブログ「歴史探偵・高丸のニッポン放浪ファイル」を御覧ください。

【URL】http://fanblogs.jp/tantei2019takamaru/
 

青葉区版のコラム最新6

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第14回「食べてくれない時は”ママの魔法”を使いましょう♪」

5月27日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第11回『検診で「視神経乳頭陥凹拡大」といわれたけど、何のこと?』

5月27日号

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.9

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第13回「赤ちゃんの人見知り泣きは人を信じる本能を育てます」

4月22日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第10回『子どもの近視はどうしたらよいですか?』

4月22日号

子どもの学びとウェルビーイング

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【14】

子どもの学びとウェルビーイング

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

育児夫婦のすれ違いなぜ

育児夫婦のすれ違いなぜ

笑い、涙ありのトーク会

6月26日~6月26日

青葉区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter