青葉区版 掲載号:2021年8月19日号 エリアトップへ

歴史探偵・高丸の「あお葉のこと葉」ファイル vol.10 「へろくり」

掲載号:2021年8月19日号

  • LINE
  • hatena

 新型コロナウイルス感染拡大防止のための在宅テレワーク。終日家族と一緒に過ごしていると、「ちょっと夕飯の支度を手伝って」とか「洗濯物干してよ」なんて、雑用を頼まれる。小さなお子さんがいる家庭なら、子守りもしなければならない。そんなことが重なると、「あ〜仕事が全然はかどらないよ〜」と、ため息がもれる。ため息ならいいが、「こっちは遊んでんじゃないんだよ!」なんて怒鳴ったりした日にゃ夫婦げんか勃発!家庭の崩壊を招くことにもなりかねない。

 関東では、そうした本業以外の雑事、細かい仕事のことを「へろくり」といった。「へろくり仕事が多くて今日は疲れちゃったよ」などと使う。語源は不明。「ヘロヘロ」になるほど仕事の「やりくり」が大変!意外とそんな単純な由来かもしれない。

 「へそくり」の語源なら分かる。ヘソは臍、つまり腹巻の中にお金を隠したから…という説は真っ赤なウソ。麻糸を巻きつけた糸巻き束のことを「綜麻(へそ)」と呼び、その綜麻で糸を「繰る」内職をして得たお金のことを「へそくり金」と呼んだのがはじまりだ。

 へろくりで余計な時間を費やすことを「ひまっかき」ともいう。こちらは、暇(いとま)がない=暇(ひま)欠きが語源だ。基本、在宅ワークの農家では「へろくり仕事」は日常のありふれた光景だったのである。

 座りっぱなしのテレワーク、家事は「固まった足腰」のエクササイズと思えば苦にもならない。「へろくり、へろくり」と唱えながら機嫌よく家事を手伝えば、カミさんの「へそくり(財布)」の紐も緩み、晩酌のレモンサワーもワンランクアップ!夫婦円満、家内安全まちがいなし!巣ごもりは「へろくり」で快適に!  

       (つづく)
 

一般社団法人横浜市青葉区医師会

2月19日 市民公開講演会「新型コロナウイルス感染症 最新の治療法」

http://www.yokohama-aobaku-med.com/

<PR>

青葉区版のコラム最新6

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「日帰り白内障手術の流れについて」 コラム【6】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

1月13日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

お正月特別寄稿「羽子板、こま回ししましたか?」

1月1日号

『二月の勝者』で描かれる子どもたち

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【18】

『二月の勝者』で描かれる子どもたち

桐蔭学園理事長 溝上慎一

12月23日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第18回『涙目で困っています』

12月23日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「飛蚊症(ひぶんしょう)は治療が必要?」 コラム【5】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

12月9日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

11月25日号

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「日帰り白内障手術の流れについて」 コラム【6】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    1月13日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook