青葉区版 掲載号:2022年1月20日号 エリアトップへ

認知症支援、ラジオ糸口に コロナ禍でのPRに繋げ

コミュニティ社会

掲載号:2022年1月20日号

  • LINE
  • hatena
発起人の弘瀨さん(左)と3丁目カフェの大野承さん
発起人の弘瀨さん(左)と3丁目カフェの大野承さん

 スマートフォンのアプリを使い、認知症などで行方不明になった高齢者らを地域住民が協力して捜索する取り組み「たまプラーザ・みまもりあいプロジェクト」が、昨年11月から認知症当事者の声を届けるラジオ配信を行っている。コロナ禍でアプリ体験会などが開けず利用者増に苦慮する中で始めたものだが、主催者は「地域の方々の理解が広がり、不安を抱える方々の気持ちが前向きになるヒントになれば」と話している。

 同プロジェクトは、2019年にたまプラーザ在住・在勤の有志5人で開始。(一社)セーフティネットリンケージが開発したアプリ「みまもりあい」を活用し、行方不明者が出た場合に捜索依頼を出すことができる。アプリの登録者が多いほど地域ネットワークが拡充され、早期発見が期待できる仕組みだ。

 アプリの認知や利用者増を目指して体験会などを行ってきたが、コロナ禍でこの2年間は中止に。そこで20年9月から美しが丘の3丁目カフェをメイン会場に、現地でも参加できるオンラインカフェ「3丁目ある人・ない人カフェ」を毎月開催。当事者や家族の経験談を聞ける場として全国から参加者が集まるなど注目も高いが、平日昼間の開催が多く、参加できない人のために始めたのが「3丁目ある人・ない人ラジオ」だ。

 カフェの内容を編集し、月2回ほど配信。39歳で若年性認知症と診断されながら、同じ悩みで苦しむ人を元気づけるために全国で講演活動を行う丹野智文さんなどゲストも多彩。同プロジェクト発起人の弘瀨美加さんは「オンラインだからこそ、いろいろな方から話が聞ける。認知症になったら終わりではなく、自分らしく生きるヒントなどが聞けるので、当事者やご家族はもちろん、ぜひ多くの方に聞いてもらえたら」と呼びかける。

 ラジオを聞くには同プロジェクトHP(【URL】https://tamaplaza-mimamoriai.fc2.net/)のラジオ案内からグループに参加を。また、1月25日(火)午前10時からはオンラインカフェも開催。(問)3丁目カフェ大野さん【電話】045・516・8037。弘瀨さんらはコロナが落ち着いたら改めて体験会を開き、利用者を増やしていきたいとしている。

オンラインで当事者と語る弘瀨さん
オンラインで当事者と語る弘瀨さん

青葉区版のトップニュース最新6

大玉華鈴(おおだまかりん)選手、優勝目指す

日体大SMG横浜

大玉華鈴(おおだまかりん)選手、優勝目指す スポーツ

七種で陸上日本選手権へ

5月26日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月26日号

学生が地元店のデリバリー

市が尾駅周辺

学生が地元店のデリバリー 社会

4店舗が参加、魅力発信に

5月19日号

緑化に市から1500万

青葉台の養蜂団体

緑化に市から1500万 社会

「人もハチも居心地よく」

5月19日号

認知症リスク低減へ調査

青葉区・桐蔭学園

認知症リスク低減へ調査 社会

区民限定 40歳から対象

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第24回「一歩、二歩と成長を見守りましょう」

    5月26日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    第23回『眼に注射をする治療が必要と言われて心配です』

    5月26日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook