青葉区版 掲載号:2022年4月28日号 エリアトップへ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【20】 生活者起点のパークがオープン 桐蔭学園理事長 溝上慎一

掲載号:2022年4月28日号

  • LINE
  • hatena

 4月7日、東急(株)他は麻生区早野(あざみ野駅から車で9分)に「ネクサス チャレンジパーク」をオープンした。

 駅から離れた郊外に、「住む」「遊ぶ」「働く」「学ぶ」「つながる」「楽しむ」をキーワードとする生活者起点の新しいまちづくりを実現しようとする点に、事業の独自性がある。

 例えば、パークにある森林にカブトムシを生息させて地域の子どもたちを集めようという企画がある。カブトムシを楽しむだけでもいいが、それをメディア(媒体)として人と人とが新たにつながり、学びや活動を創出することができる。

 桐蔭学園も、桐蔭横浜大学の宮坂力教授(医用工学部・ノーベル賞候補)が開発したペロブスカイト太陽電池を実装化し、有機農法への応用や蓄電しながらプランターで植物栽培を行うなどの新しいライフスタイルを提案する予定である。

 おもしろい!と思えるイベントや活動を通して人が集まってくるパークであればいい。それが社会的価値のあることなら仕事や雇用にもつながっていくはずだ。ポイントは異なるアクターが協働して新しいことを創り出すことである。パークの冠にある「ネクサス(nexus)」は「つながり」を意味する言葉である。新しいつながりが新たな活力を生み、それが地域開発だけでなく、生活者としての人びとのライフ(生活・人生)の向上に繋がることを期待したい。学園としても精一杯協力していくつもりだ。

青葉区版のコラム最新6

学校から見た運動部の地域移行

コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

学校から見た運動部の地域移行

桐蔭学園理事長 溝上慎一

6月23日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

  「加齢黄斑変性症の症状や治療法」 コラム【11】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

6月9日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

第23回『眼に注射をする治療が必要と言われて心配です』

5月26日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第24回「一歩、二歩と成長を見守りましょう」

5月26日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

5月12日号

生活者起点のパークがオープン

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【20】

生活者起点のパークがオープン

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月28日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook