神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年5月16日 エリアトップへ

ティーボール野球の集い 60回大会 33チームが熱戦 優勝は横浜青葉リトルY

スポーツ

公開:2024年5月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
優勝に輝いた横浜青葉リトルYの選手たち
優勝に輝いた横浜青葉リトルYの選手たち

 青葉区・都筑区・緑区の少年野球チームに所属する小学3年生以下の選手が出場する大会「ティーボール野球の集い」が、5月3日・4日に長坂谷公園多目的広場(緑区)で行われた。毎年、春と秋に開催されており、今回が60回の節目となる記念大会。延べ33チームが熱戦を繰り広げた結果、青葉区の横浜青葉リトルYが優勝を果たした。

 ティーボールは、いわば「投手のいない野球」で、バッティングティーに乗せたボールを打つ競技。四死球の心配もなく、初心者でも楽しめることをモットーにルール化されており、主に小学校低学年を対象にした大会が広く行われている。

打撃力と堅守で圧倒

 60回の節目となる今大会には、3区から33チームが出場。長坂谷公園に4面のグラウンドが設けられ、3日に25試合、4日に7試合が行われた。

 優勝した横浜青葉リトルYは、初戦でスーパージャガーズ(青葉区)と対戦。打線が爆発し22―0と快勝すると、2回戦も茅ケ崎エンデバーズ(都筑区)に17―2、3回戦も長津田クラブ(緑区)に15―0で勝利し、準決勝進出を決めた。

 決勝進出をかけた川和シャークスK(都筑区)との試合も12―2で勝利を収めると、続く決勝戦も、いぶき野メッツ(緑区)に15―3と快勝。持ち前の打撃力と堅守により、5試合で81得点7失点と、圧倒的な成績で優勝を手にした。

 同チームの主将で、最優秀選手賞に輝いた小林洸太さん(神奈川区・神大寺小3年)は開会式で選手宣誓も担当。「優勝するためにこの大会に来たので、達成できて嬉しい」と話した。ホームラン6本を放ちスラッガー賞に輝いた山脇春輝さん(緑区・竹山小3年)は「6回目の出場でやっと優勝することができて嬉しい。兄が取ったスラッガー賞を目標に頑張っていたので、この賞を取ることができて嬉しかった」と語った。

 チームを率いる大塚渉監督は「日頃の練習の成果を出す事ができ、選手一人ひとりがしっかり自分の力を発揮し、最高の結果を出す事ができました。監督冥利に尽きます」と笑顔で話した。

 主催するティーボール野球の集い実行委員会の北村明雄会長は「約30年にわたり無事に続けてこられた。低学年の子どもたちの目標として、今後も続けていきたい」と話していた。

小林さんによる選手宣誓
小林さんによる選手宣誓

青葉区版のトップニュース最新6

創部45周年祝う

FCすすき野レディース

創部45周年祝う

吉村代表 節目に卒団

6月13日

「まちbizあおば」が10周年

「まちbizあおば」が10周年

記念パーティーに山中市長ら

6月13日

歴史を歩くガイド完成

青葉区

歴史を歩くガイド完成

寺社・史跡を巡る7コース

6月6日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月6日

狙うは初代グランプリ

横浜こども屋台選手権

狙うは初代グランプリ

青葉区3チームがエントリー

5月30日

つながる事業で表彰

NPO法人森ノオト

つながる事業で表彰

横浜・人・まち・デザイン賞

5月30日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook