緑区版 掲載号:2011年12月1日号
  • googleplus
  • LINE

小山町自治会 黄色いタオルで安否確認 防災訓練で独自の取り組み

安全確認済と書かれたタオル
安全確認済と書かれたタオル

 小山町自治会(宮田文夫会長)は先月20日に行った防災訓練で、”黄色いタオル”を使用した独自の安否確認訓練を実施した。単位自治会で安否確認方法を考え、取り入れるのは区内でも珍しいという。

 訓練は、震度5強の地震が発生したことを想定して実施。同自治会では「安否確認済」と書かれた黄色いタオルを約300世帯に事前配布した。大規模な震災発生時に各世帯が玄関などの目立つ場所に掲げることで「今いる家族は大丈夫」と安否を確認し、掲げられていない世帯の救助を効率的かつ重点的に行うことを目的としている。

 当日訓練には約80人が参加した。訓練開始後、参加者はそれぞれに身の安全を確保し、タオルを玄関や門柱などに掲示。各家庭を個別訪問し安否確認をしなくて済むため、自治会館横に設けられた災害対策本部は30分以内に状況を把握することができた。

 今年3月11日の東日本大震災発生時、同自治会が安否確認に要した時間は約1時間半。小山町の地形は東西に細長いこともあり、効率的な状況確認が課題となっていたが、今回の安否確認訓練では飛躍的な時間の短縮となった。

 宮田会長は「迅速に状況を把握する効果を確認することができました。一人暮らしの高齢者など要援護者の把握といった課題もあるが、黄色いタオルの使用が他の自治会でも良いと判断していただければ是非広げていきたい」と話した。
 

3/23家族葬の個別相談会

知っておきたい最近の葬儀についてご説明いたします

http://www.sougi-itabashi.co.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

公共施設の「多目的化」推進へ

育てた米で団子づくり

三保小5年生

育てた米で団子づくり

3月15日号

認知症支援などに重点

地域包括ケア次期計画

認知症支援などに重点

3月8日号

市が民間団体と協定

ひとり親家庭支援

市が民間団体と協定

3月8日号

ラグビーW杯へ工事着々

日産スタジアム

ラグビーW杯へ工事着々

3月8日号

ビーコルセンター誕生

セン北駅前

ビーコルセンター誕生

3月1日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク