緑区版 掲載号:2013年2月28日号
  • googleplus
  • LINE

竹山出身三星マナミ選手 スキーHP(ハーフパイプ)世界選手権へ 3月ノルウェーで開催

スポーツ

三星選手(右)と娘のすみれちゃん
三星選手(右)と娘のすみれちゃん

 竹山出身の三星マナミ選手が3月4日からノルウェーで開催される「FISフリースタイルスキー世界選手権大会スキーハーフパイプ競技」に出場する。同種目は2014年ソチ大会から五輪正式種目となる。世界選手権で上位に入ると五輪出場が見えてくることから、三星選手は「表彰台を目指し頑張りたい」と意気込みを話している。

 フリースタイルスキー・ハーフパイプとは、スキー競技の一つで、半円筒状の斜面でエアの高さや難易度などを競い、採点により順位を決めるスポーツ。

 三星選手は、竹山小学校、鴨居中学校出身で荏田高校(都筑区)、法政大学を卒業。スキー競技は2歳から始め、大学卒業までアルペン競技で活躍し、インカレ2部では優勝した実績をもつ。大学卒業後に、フリースタイルスキー・ハーフパイプに転向し、09年の世界選手権を最後に一度引退するも、同種目がソチ五輪で正式種目になることから、10年に五輪を目指し現役復帰した。

W杯で2位に

 現在、三星選手は、長野県野沢温泉村に生活の拠点を構えるかたわら、W杯で世界を転戦している。今シーズンの開幕戦となった昨年8月のニュージーランド大会では2位に入り、表彰台にのぼった。

 五輪出場には、W杯でポイントを獲得し続け、世界で戦えることを全日本スキー連盟にアピールすることが求められている。3月の世界選手権は、その中でも大きな大会となる。「一戦一戦が勝負。世界選手権で結果を出すことで少しずつ五輪が見えてくると思います」と三星選手は意気込みを話す。

ママアスリートとして注目

 三星選手は、07年に結婚し、09年に長女を出産。現在3歳のすみれちゃんを育てながらアスリートとして競技に打ち込む。「主人や家族、サポートして頂いている方々の支えがなかったら現役復帰はできなかった。だからこそ、結果を出して恩返しがしたい」と話す。

 また「結婚、出産を経てもアスリートとして頑張れることを証明していきたい」とも話し、強い思いを胸に世界選手権に挑む。
 

大会でエアを披露する三星選手(写真提供:junglemasa)
大会でエアを披露する三星選手(写真提供:junglemasa)

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6件

林市長とぬくもりトーク

カフェみなみ運営委員会

林市長とぬくもりトーク

7月26日号

例年より早い生育

区内浜なし

例年より早い生育

7月26日号

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月19日号

初の合同防犯パトロール

白山連合自治会

初の合同防犯パトロール

7月19日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月12日号

区内飲食店で地産地消

Team VerdeTHREE STARS

区内飲食店で地産地消

7月12日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク