緑区版 掲載号:2013年5月23日号
  • googleplus
  • LINE

霧が丘高校出身のbjリーグ(日本プロバスケットボールリーグ)選手 綿貫 瞬さん 大阪エヴェッサ所属 25歳

「考えるプレー」で挑むプロの道

 ○…初めてプロ選手としてプレーした約6カ月の戦いが今月閉幕した。178センチの体をフルに動かし、持ち味のスピードで身長2メートル前後の選手が揃う相手の守備陣を切り崩す働きを見せた。得点につながるパスの数を表すアシスト数はチーム一をマーク。「攻撃の切り口を生むのが私の仕事。今季、チームは低迷しましたが、”まとめ役を務める”という課題が見つかりました」。頭は来シーズンへと切り替わっている。

 ○…「もうバスケをやめようと思っていたんです」。昨シーズンまではbjリーグの2部チームに所属。スポーツクラブでフルタイムで働きながら、夜間練習、試合とバスケ漬けの2年間を石川県で過ごした。最初の1年間は思うようなプレーができず、将来を見据えて引退を考える日々だった。「自分のできるプレーをすることだけに集中したら結果が出たんです」。2年目にチームの中心選手としての活躍をみせ、ドラフト1位で現在のチームに。「常に改善点を考えてプレーしていたことが結果につながったと思います」

 ○…選手として一番力を伸ばした時期に、霧が丘高校時代を挙げる。「とにかく楽しかったですね。みんな仲が良かった」。同校体育館の4分の1のスペースで、1時間半程度の時間しかない条件のなかで練習を繰り返した。自身が1年生の時、地区予選で1回戦敗退だったチームが、3年次には同校初の全国大会出場を果たした。「奇跡でしたね。『授業中に居眠りしたら試合には勝てない』など高校生なりに自分を追い込んでいましたね」と振り返る。

 ○…「特別に運動神経も良くなく、本当に普通の人なんですよ」。友だちに誘われ小学生時に始めたバスケ。やればやるほど上達する達成感を味わいたくて、のめり込むうちに気がつけば日本最高峰のステージに。「自分のできることを突き詰めていくことで力をつけてきた。これからもそれだけですよ」

暑中お見舞い申し上げます

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

緑区版の人物風土記最新6件

浅井 悦男さん

横浜みどりライオンズクラブの会長に就任した

浅井 悦男さん

7月26日号

大矢 菜季(なぎ)さん

みどりアートパークで行われるアフタヌーンコンサートに出演する

大矢 菜季(なぎ)さん

7月19日号

井上 幸治さん

横浜緑ロータリークラブの会長に就任した

井上 幸治さん

7月5日号

葉 京香さん

第52回手工芸作品展(工芸の部)で内閣総理大臣賞を受賞した

葉 京香さん

6月28日号

佐藤 チヨ子さん

夕どきサロン鴨居など数々の地域行事で料理を振る舞う

佐藤 チヨ子さん

6月21日号

杉崎 勇さん

「第20回リリーピッキン・パーティ」の実行委員長を務める

杉崎 勇さん

6月14日号

緑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「スケートで楽しい時間を」

横浜みどりLC

「スケートで楽しい時間を」

現在参加者を受付中

8月4日~8月4日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク