緑区版 掲載号:2014年11月13日号 エリアトップへ

避難生活、地域住民と体験 養護学校が防災イベント

社会

掲載号:2014年11月13日号

  • LINE
  • hatena
段ボールで区切り、実際の生活スペースを確認した
段ボールで区切り、実際の生活スペースを確認した

 知的障害者の避難所生活について理解を深めてもらおうと8日、県立みどり養護学校(巴伸一校長)が防災イベントを開いた。見ず知らずの他人との共同生活に不安を抱える障害児やその家族の不安を軽減しようと、地域住民を巻き込んだ避難所設営や生活体験などが行われた。

 同校が地域との「交流」をテーマに防災イベントを行うのは今回が初めて。

 知的障害者の避難所生活については、東日本大震災時にも、見知らぬ場所での共同生活に適応できず孤立してしまう事例などが問題となった。同校に通う児童やその家族からも、避難所生活に関する不安の声が度々訴えられていたことなどから、今回のイベント開催に至った。

 イベントを運営した同校の東地廉夫教諭は「学校内の訓練だけでは、避難所生活に関する不安が取り除けないと考えた。地域の方にも参加していただき、避難所の状況を一緒に体験していただくことで双方が心の準備をする機会が必要だった」と話した。

「限られた生活空間」に不安の声も

 避難所を設営するコーナーでは、障害者と地域住民が段ボールでパーテーションを作り、実際の生活スペースを確認したほか、アルファ米などの災害食を試食した。参加者らは「生活スペースが思ったより狭く感じた。この距離感で生活できるようにするのは大変」と感想を述べていた。

 また、交流を通じ「顔が見える関係」を築いてもらおうと、地元体育大学などの協力でディスクを投げるスポーツ「アルティメット」の体験などが行われた。

 セレモニーでは同校に児童を通わせる保護者が、知的障害や自閉症がある人への避難場所での支援について話し、障害者への理解を訴えた。講演を行ったPTA会長の今野麻衣子さんは「障害者への理解はまだまだ充分とは言えず、避難所生活に不安を抱える保護者も少なくない。今回のような避難所体験を行っていけば、すこしずつではあるが避難所での生活にも対応できるようになると思う。他のお母さんからも自分の子どもが避難所体験に対応できていたという声が挙がっていた」と話した。

緑区版のトップニュース最新6

80代プログラマーに学ぶ

緑区制50周年記念講演会

80代プログラマーに学ぶ 社会

高齢者の生きがいテーマ

7月11日号

市負担増で見直しへ

敬老パス

市負担増で見直しへ 社会

検討会設置し、方向性探る

7月11日号

学校・病院、全面禁煙に

健康増進法7月1日改正

学校・病院、全面禁煙に 社会

市、1万4千施設調査へ

7月4日号

林市長と課題など共有

区民音楽祭実行委

林市長と課題など共有 文化

24日の「ぬくもりトーク」で

7月4日号

フレーム切手を共同作成

緑区制50周年記念

フレーム切手を共同作成 社会

7月1日販売開始

6月27日号

諸対策講じ受診率向上へ

市特定健診

諸対策講じ受診率向上へ 社会

無料化認知進み、問合せ増

6月27日号

環境大臣表彰を受賞

三保小学校

環境大臣表彰を受賞 教育

写真撮影で魅力発見

6月20日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月11日号

お問い合わせ

外部リンク