緑区版 掲載号:2015年4月16日号 エリアトップへ

世代間交流を進める団体「ひだまり」を立ち上げた 山口 美保さん 長津田みなみ台在住 42歳

掲載号:2015年4月16日号

  • LINE
  • hatena

地域の交流 温める

 ○…「感謝の気持ちを持って、もっと地域をつなげていきたい」。長津田みなみ台地区で、地域住民の世代を超えたつながりづくりの機会や場所を提供する団体「ひだまり」を立ち上げた。「活動できる場所と人が確保できたので、何かやってみようかなと思って」と理由を語る。同会は年に4回、フリマやワークショップなどを開催する予定だ。「(参加する)敷居はすごく低くしたい」と笑う。

 ○…これまでも「みどりーむ」や食育のNPOにボランティアとして携わってきた。事情によりご飯を作れない家庭に、半年間ほどおかずを届けていたことも。「困っている人がいると力が沸く。感覚ではなくて心が動く。その時初めて気づいた」と振り返る。その一方で、「(ご飯づくりは)毎日のことだから、自分や家族には作りたくないけど」と、お茶目な一面も垣間見せる。若いときにはほとんど意識しなかった「近所の力」の重要性を、結婚後に強く意識するようになった。

 ○…岐阜県出身。約13年前、結婚を機に緑区に移住してきた。現在は小5と年長の子どもを抱え、子育ての真っ最中。「子育ては難しいし、わからない。成功失敗は(子どもが)大人になってもわからないかも」と話すも、「どうにかなるかな」と、どこか楽観的。子ども会やPTA活動にも、前向きに取り組む。「みんなそんなに断るなら敢えてやってみようと。ちょっと変わり者なんです」

 ○…「ひだまり」という団体名は、暖かい場所と人もたまるようにと、2つの意味を掛けて仲間と一緒に考えた。「問題なのはどうやって知ってもらうか」。周知のため、区の地域課題チャレンジ提案事業に申込み、採択を受けた。「地域の活動に参加したいという潜在的なニーズはある。長い目で見ていきたい」と、未来を見据える。「来た人たちがそこでつながって、いずれは自主的にやってほしい」。ゆっくり、でも着実に地域の絆を温めていく。

緑区版の人物風土記最新6

片山 友理香さん

東洋英和コーヒープロジェクトの代表を務める

片山 友理香さん

川崎市在住 21歳

1月23日号

田渡 凌さん

男子プロバスケ「横浜ビー・コルセアーズ」のキャプテンを務める

田渡 凌さん

横浜市在住 26歳

1月16日号

瀧川 鯉丸さん

みどりアートパーク寄席に出演する

瀧川 鯉丸さん

中山在住  32歳

1月9日号

佐藤 果南さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

佐藤 果南さん

都筑区在住 19歳

1月1日号

Okapi(オカピ)さん(本名:岡真樹子)

スティールパン奏者として活躍する

Okapi(オカピ)さん(本名:岡真樹子)

中山町在住 

12月19日号

土志田 領司さん

令和元年秋の褒章で黄綬褒章を受章した

土志田 領司さん

長津田在住 68歳

12月12日号

松浦 正義さん

緑区民生委員児童委員協議会の会長に就任した

松浦 正義さん

十日市場町在住 70歳

12月5日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

地震・台風から命を守る

地震・台風から命を守る

3月7日 公会堂で講演会

3月7日~3月7日

緑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年1月23日号

お問い合わせ

外部リンク