緑区版 掲載号:2015年7月30日号 エリアトップへ

「食中毒、皆で防ごう」 アピタでキャンペーン

社会

掲載号:2015年7月30日号

  • LINE
  • hatena
お菓子がもらえる抽選に参加する親子連れ
お菓子がもらえる抽選に参加する親子連れ

 緑区福祉保健センターと緑区食品衛生協会(杉崎孝一会長)が7月21日、アピタ長津田店で食中毒防止などを訴えるキャンペーンを行った。

 同協会は、区内の飲食店など食品を扱う事業者を中心に構成されている。いわば「食のプロ」たちが、食品の扱い方や食中毒防止のコツなどを訴えるキャンペーンを定期的に実施している。

 会場で挨拶に立った杉崎会長は「包丁やまな板などの調理器具は清潔に保ち、必ず手を洗うなどの工夫が必要。冷蔵庫や冷凍庫の温度管理にも気を付けてほしい」と食品の衛生管理の大切さを訴えた。

 会員らは、会場を訪れた親子連れを対象にお菓子があたる抽選会などを行い、子育て世代にも食中毒防止を呼び掛けた。また、緑区福祉保健センターの職員らは来場者に「食品衛生」に関するアンケートやクイズを行い、参加賞として啓発物品を配布した。

 会場にはほかに横浜市水道局や緑区区政推進課、緑区地域振興課、横浜市資源循環局緑事務所などがブースを出し、それぞれに啓発活動を展開。

 水道局では日本最大規模の膜ろ過方式浄水場である川井浄水場や、水道水の美味しい飲み方などを紹介。緑区地域振興課と資源循環局緑事務所はゴミ削減などを訴え、パンフレットやレシートなどの「その他の紙」の分別法について展示を通じ詳しく伝えた。

 緑区区政推進課は、エコバック使用やエアコンの温度設定などを工夫する「エコチャレンジ」について啓発物などを配ってPRしていた。

挨拶する杉崎会長
挨拶する杉崎会長

緑区版のローカルニュース最新6

犯罪・事故発生状況

【Web限定記事】

犯罪・事故発生状況 社会

緑警察署管内 3月25日〜3月31日

4月8日号

二ツ目二人による若手落語会をみどりアートパークで開催

2年連続の開催中止に

2年連続の開催中止に 文化

四季の森公園まつり

4月8日号

SDGsでビーコル応援

緑法人会

SDGsでビーコル応援 社会

ホームゲームで協力

4月8日号

2人に永年勤続功労章

緑消防団

2人に永年勤続功労章 社会

退団者へ辞令交付

4月8日号

「灯り」のドールハウス展

「灯り」のドールハウス展 社会

4月3日から 人形の家

4月1日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

緑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月8日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク