緑区版 掲載号:2015年10月22日号 エリアトップへ

みどりアートパーク2周年を祝し「きっと明日は」を作曲した 亀山 法男さん 杉並区在住 62歳

掲載号:2015年10月22日号

  • LINE
  • hatena

音楽を架け橋に

 ○…「音楽には人と人を結びつける引力のようなものがある」と目を輝かせる。今回の楽曲は、披露をする田奈中学校合唱部の部員が事前に考えた歌詞に合わせ作った。作曲の過程では、中学生のしなやかな感性を豊かに表現することに苦戦したという。記念の歌なので、子どもたちが楽しく歌えるようにと、リズムを重視してつくったが「子どもたちのレベルが予想以上に高く、もっと難しく作ってもよかった気がする」と舌を出す。

 ○…日ごろから中学生や地域のための曲を手掛けることも多く、作成したオリジナル曲は1000を超えるという。作曲で大事にしていることは「音楽で楽しくなってもらうこと」。ソプラノ歌手で妻の勝子さんと行う「ザ・クラシック笑(ショー)」はクラシックコンサートとは思えない軽妙なトークを合間に挟み、会場を盛り上げるという。「ただ演奏するより距離感の近い音楽会をしている。楽しい空間を共有することで、僕らの音楽が細胞の一部に残ってくれたら嬉しい」と顔をほころばせる。

 ○…音楽を始めたのは5歳の時。母親に勧められたピアノ教室がきっかけだ。青春時代はスポーツなどにも打ち込んだが、国立音楽大学教育学部で様々な音楽を学んだことでプロの道を進むことを決めた。卒業後は荻窪のライブハウスで活動をするように。40代の時、少年時代から大ファンだった永六輔さんがライブ鑑賞に訪れ「自分たちにしかできないことをやりなさい」と言われたことが今のスタイルを固める決定打になったという。

 ○…今後も地域と関わる音楽活動は積極的に続けていく。目標は健康に気を付けて、100歳になっても音楽家であること。「声をかけてもらえれば作曲、ライブ活動なんでも、どこでも頑張ります。地域と人を繋ぐ素敵な音楽を作っていきたい」。そう話す声は自身の音楽のように明るく弾んでいた。

緑区版の人物風土記最新6

下中 英輝さん

緑・事業所防犯協会の会長に着任した

下中 英輝さん

いぶき野在住 58歳

7月29日号

清水 裕之さん

横浜緑ロータリークラブの会長に就任した

清水 裕之さん

港北区在住 58歳

7月22日号

二宮 駒音(こと)さん

宮城県を聖火ランナーとして走った

二宮 駒音(こと)さん

東洋英和女学院大学4年 

7月8日号

柴田 宏明さん

一般社団法人横浜市緑区医師会の第11代会長に就任した

柴田 宏明さん

青砥町在住 65歳

7月1日号

佐々木 京子さん

長津田の戦争体験者の声を集める

佐々木 京子さん

長津田在住 60歳

6月24日号

越水 将一さん

竹山団地に住み、神奈川大学サッカー部のコーチを務める

越水 将一さん

竹山在住 31歳

6月17日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月29日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter