緑区版 掲載号:2015年10月29日号 エリアトップへ

民踊などを披露する伝統文化発表会を開催し今年で10年を迎える 服部 ひろ子さん 寺山町在住 80歳

掲載号:2015年10月29日号

  • LINE
  • hatena

舞台に立てば気持ちは20歳

 ○…日本民踊や新舞踊の教授として自宅で踊りを教える傍ら、行政などの後援で「伝統文化発表会」を開催してきた。日本人の心でもある伝統文化を次世代にも広めたいと、地元小学校を招き、お互いの発表を通じた交流を続けている。「子どもたちの踊りにはいつも刺激をもらうの。この子達の心に伝統文化が少しでも残ってくれればいいなと願いを込めて続けてきた」。80歳になった今も勢力的に活動を続ける。

 ○…福島県二本松市で生まれる。仲人に言われるがまま鎌倉の商家に嫁いだ。出産後、夫は独立。運転手から始め、やがて建築施工会社を設立。職人を何人も抱えるほど事業が拡大したこともあった。自身も内職や事務をはじめ、時には外回りの営業活動までして夫の仕事を支えた。「福島の女は我慢強いのよ。そして諦めない」。難病を患い、夫は昨年旅立った。12年に及ぶ介護生活は「いつも女中さんの精神で」。自分の踊りや地域との接点も忘れずにいたことが気持ちを前向きにしてくれたという。

 ○…踊りを始めたのは意外にも40歳を過ぎてから。自治会の婦人会長を任され、地域の盆踊りを手伝った時、踊れないのが恥ずかしいと教室の門を叩いたのがきっかけとなった。全国の民踊を訪ね歩くほど熱心に取り組み、教授の資格を取得。今では老人ホームの慰問や地域のまつり参加にひっぱりだこで、盆踊りシーズンはいつも大忙しだ。「何歳でも遅いってことはないみたい。打ち込む何かがあるっていう事に感謝」

 ○…若い頃身に付けた和裁の腕は今でも確か。衣装のほとんどを手作りし、舞台に華を添えている。「踊りも和裁も今ではボケ防止。皆さんにもぜひお勧めしたい。自分が作った衣装を着て舞台に立つともう気持ちは20歳に戻ったようなの」と朗らかな笑顔を見せる。好きな事も辛抱も、いつも全力で挑んできた。「前しか向けないの。後ろは振り返らない」

緑区版の人物風土記最新6

清水 裕之さん

横浜緑ロータリークラブの会長に就任した

清水 裕之さん

港北区在住 58歳

7月22日号

二宮 駒音(こと)さん

宮城県を聖火ランナーとして走った

二宮 駒音(こと)さん

東洋英和女学院大学4年 

7月8日号

柴田 宏明さん

一般社団法人横浜市緑区医師会の第11代会長に就任した

柴田 宏明さん

青砥町在住 65歳

7月1日号

佐々木 京子さん

長津田の戦争体験者の声を集める

佐々木 京子さん

長津田在住 60歳

6月24日号

越水 将一さん

竹山団地に住み、神奈川大学サッカー部のコーチを務める

越水 将一さん

竹山在住 31歳

6月17日号

樋口 誠さん

身の回りの危険を予測し、安全に暮らす方法を伝える講座を行う

樋口 誠さん

寺山町在住 66歳

6月10日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter