緑区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

南長津田団地 交流サロン誕生へ 再生の拠点めざす

社会

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena
工事現場を前にする佐々木理事長(左)ら
工事現場を前にする佐々木理事長(左)ら

 南長津田団地で団地再生事業の一環として住民主体で話し合われていた「集会所の改修工事」が5月の開所に向けて始まり、2月4日に上棟式が行われた。新たな集会所は団地再生に向けた交流サロンとして活用される。

集会所を改修

 1971年に建築された南長津田団地は、21棟488戸に約1300人が生活しているが、65歳以上の高齢者が住民の40%以上を占める。小学生は約2・3%にとどまり、「団地内の少子高齢化」に直面している。こうした状況に伴い「住民間の交流の希薄化」が以前から問題視されていた。

 この事態を受けて団地の管理組合法人(佐々木堅理事長)や自治会(栗山孝子会長)らは2013年8月に市の進める「団地再生支援モデル事業」に応募し、高齢化対策と住民化の交流ができる環境づくりのために、集会所の改修の準備を進めていた。

 昨年2月には区の薦めで新たに「地域福祉交流拠点整備事業」に応募し、計画が本格的に動き始めた。

 改修工事では集会所のバリアフリー化やトイレの増改築などをすすめ、完成後には高齢者と子どもの交流拠点として活用するほか、ケアプラザのイベントなどの会場としての利用も計画している。集会所近接の公園には貯水庫などを設け、防災拠点としての活用も期待されている。

カフェの新設も

 改修に伴い、集会所には新たにカフェスペースの新設も決まっている。カフェは地域住民のボランティアによって運営される予定で、低コストで利用できる地域住民の交流の場として活用する方針だ。名称やボランティアの募集要項などの詳細は2月17日に発足された運営委員会が順次発表していく。

 集会所の本格的な工事は1月8日に始まり、1月17日には「地鎮祭」、2月4日には「上棟式」が行われた。

 工事は、3月31日の完了を目途に進められており、5月のゴールデンウィーク明けに開所予定。

 栗山会長は「地域住民に愛用してもらえるように計画を進めている。集会所を通して地域全体を盛り上げていきたい」と話している。
 

緑区版のトップニュース最新6

公民連携で整備検討

四季の森公園

公民連携で整備検討 社会

収益施設の市場性など調査へ

8月15日号

学べず、眠れず、食べられず

十日市場町在住加藤さん

学べず、眠れず、食べられず 社会

戦争体験者インタビュー

8月15日号

暑さ対策 ミスト設置推進

横浜市

暑さ対策 ミスト設置推進 社会

商店街や駅などで整備

8月8日号

日照不足に負けずに成長

区内浜なし

日照不足に負けずに成長 経済

8月上旬から販売を開始

8月8日号

食品ロス、アプリで削減へ

横浜市

食品ロス、アプリで削減へ 社会

民間企業と連携

8月1日号

郵便ハガキで詐欺防ぐ

地元企業13社

郵便ハガキで詐欺防ぐ 社会

1万4000枚を配達

8月1日号

女子円盤投げで全国へ

霧が丘高校陸上部

女子円盤投げで全国へ スポーツ

柿沼さん、城戸さんの2人

7月25日号

十日市場の歯医者 みどり歯科

安心の保険診療中心。車椅子のまま乗降可能な専用車で無料送迎できます。

https://midoridc.net/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 8月16日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月15日号

お問い合わせ

外部リンク