緑区版 掲載号:2016年5月26日号 エリアトップへ

中山商店街 マリノス応援に一役 ユニフォーム着用で営業

社会

掲載号:2016年5月26日号

  • LINE
  • hatena
着用予定のレプリカユニフォーム(マリノス提供)
着用予定のレプリカユニフォーム(マリノス提供)

 中山商店街協同組合(加藤龍昭理事長)は加盟36店舗で6月1日から11日までの10日間、横浜F・マリノスの限定レプリカユニフォームを着用・掲出して営業を行う企画を準備している。4日には、イベントも実施する予定だ。

 横浜F・マリノスは6月11日(土)の川崎フロンターレとの試合を「YOKOHAMA City Special」と題し、行政や関係団体と協力しながら、Jリーグ史上最大規模となる4万枚のレプリカユニフォームの販売準備を進めている。

 これは、6月2日の開港記念日にちなんだイベントで、記念日にもっとも近いホームタウンでの試合を選手・サポーター・クラブが一体となって盛り上げる企画。イベントに向けてマリノスは4月に緑・港北・都築・青葉の商店街総連合会にPR協力を依頼。今回、緑区からは中山商店街が手を挙げた。

 期間中、中山商店街の36店舗ではスタッフや従業員らがユニフォームを着用もしくは掲出し営業を行う。ユニフォームはチームカラーのトリコロールが襷の様にデザインされている。スタッフ全員でユニフォームを着用するという中山バッティングセンターの相原美之代表は「商店街の一員としてスポーツの垣根を越えて応援したい」と話している。レプリカユニフォームはマリノスのオフィシャルサイトなどで11日の試合チケットと併せて販売中。

4日にイベントも

 同商店街は6月4日(土)、商店街街路灯に下がっているマリノスとプロバスケットボールbjリーグの「横浜ビー・コルセアーズ」の応援フラッグの手直しをするイベントも開催する。

 当日は両チームのサポーターが、雨風でよれてしまったフラッグの交換や修正をするほか、マリノスのマスコット「マリノスケ」が各商店で記念撮影を行う。商店街広報の榊原英治さんは「地元チームをみんなで応援することで、商店街が賑やかになることを目指す」と話している。

緑区版のトップニュース最新6

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

おみくじで、本を推薦

緑図書館

おみくじで、本を推薦 文化

新しい本との出合いに

1月13日号

「かつての賑わい取り戻す」

新春インタビュー

「かつての賑わい取り戻す」 社会

岡田区長、抱負を語る

1月6日号

「第6波への備え進める」

山中市長インタビュー

「第6波への備え進める」 政治

感染症・経済対策強化へ

1月1日号

3万6千人が門出

横浜市成人式

3万6千人が門出 社会

昨年に続き分散開催

1月1日号

保留児童解消へ本腰

横浜市

保留児童解消へ本腰 社会

対策にデータ分析班

12月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook