緑区版 掲載号:2016年9月22日号 エリアトップへ

霧校生ら 文化祭で地域課題考える 居住インド人招き議論

文化

掲載号:2016年9月22日号

  • LINE
  • hatena
インド人男性と英語で話し合う生徒ら
インド人男性と英語で話し合う生徒ら

 霧が丘高校文化祭を会場に9月11日、地域の課題をインド人と英語で語り合うイベントが開催された。文科省などが進める主権者教育の一環。政治や投票について直接的に学ぶアプローチに加え、最近ではこうした身近な地域課題について考える機会を提供する取り組みが始められている。

 主権者教育は一般に政治や社会の在り方を考える力を養う教育と言われる。18歳選挙権の実現を受け、先の参院選前には全国の学校などで取り組みが加速した。参院選での18歳の投票率が全国平均を上回った神奈川県では、2010年以降、主権者教育として全県立高校で模擬投票を実施しており、こうした取り組みが一定の成果を生み出した要因の一つとみている。

 模擬投票や政治の仕組みを教えるものは全国で実施される主権者教育の約8割を占めるが、若者に継続的な政治参加を促すためには、単に投票を促すだけでなく、自ら考え行動する力を育む指導が必要だと言われている。

 このような動きを受け、緑区で啓発活動を行ってきた「緑区明るい選挙推進協議会」は身近な地域課題から自分自身の選択や意思の形成を促す機会を設けようと高校の文化祭会場でのイベントを企画。インド人居住者が多い霧が丘という地域性を活かし、インド人と高校生が語り合う「インド人と英語で世間話」を実施した。

 高校生らは「教育現場へのタブレット導入」や「食品ロス」など自分たちの家庭や学校に関わる課題についてインド人と英語で討論。時折通訳の力も借りながら真剣に話し合った。同世代でも育った環境や親の考え方などで判断基準や視点が全く違うことや、逆に同調できるものがあることを目の当たりにし、「新しい発見をした」と語る生徒もいた。

 主催した同協議会担当者は「考えの相違は色々あったと思うが大事なのは考えるきっかけを得たという事。これを機に自分を知り、地域を知り、自らの意思で選択するサイクルが形成できれば」と話している。同協議会では今後も様々な分野の団体・個人と協力し、多様な主権者教育の在り方を模索したいとしている。

緑区社会福祉協議会

〒226-0019 横浜市緑区中山2-1-1 ハーモニーみどり1階

http://www.midori-shakyo.jp/

<PR>

緑区版のトップニュース最新6

環境大臣賞を受賞

塚田順一氏

環境大臣賞を受賞 社会

30年以上の活動に評価

9月24日号

ブロック塀対策足踏み

市立小通学路

ブロック塀対策足踏み 社会

危険箇所約2,000件

9月17日号

オリーブで農地活用

いぶき野農家

オリーブで農地活用 経済

育てやすさが魅力

9月17日号

町内会のICT支援へ

横浜市

町内会のICT支援へ 社会

コロナ対策で予算計上

9月10日号

災害に備えた体制拡充

緑区防災作業隊

災害に備えた体制拡充 社会

新たに1社加盟 16社に

9月10日号

市内観光、復興遠く

市内観光、復興遠く 経済

ホテル稼働4割の低水準

9月3日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

慈眼寺墓苑 樹木葬墓地完成

1区画(3霊)30万円~ ☎0120・514・194へ

http://www.514194.co.jp

<PR>

あっとほーむデスク

  • 9月10日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年9月24日号

お問い合わせ

外部リンク