緑区版 掲載号:2016年11月10日号 エリアトップへ

もぐら横丁が3周年 鴨居活性化の拠点に

経済

掲載号:2016年11月10日号

  • LINE
  • hatena
活気に満ちた「もぐら横丁」店内
活気に満ちた「もぐら横丁」店内

 鴨居周辺の地域活性化を目指し、2014年にオープンした「もぐら横丁」(鴨居4の1の9)が今月、3周年を迎えた。

 地下スペースを活用し、古き良き昭和の面影を再現した「もぐら横丁」には、おでんや寿司、イタリアンなどを気軽に楽しめる8店舗が営業。連日、多くの地元住民が集う憩いの場となっている。

若者支援掲げ

 モデルとなったのは野毛にある「たべもの横丁」。「活気があり、皆がワイワイと集まれる場所を鴨居にも作りたかった。若者のパワーをもっと街に活かしたいという気持ちもあった」と発案者の町田一男さんは振り返る。野毛にはよく足を運んでいたという町田さん。若い人が自分の店を持ち、次々とユニークな店を切り盛りしているのを見て衝撃を受けたという。

 「野毛の若い経営者たちは自由な発想で凄いよ。メニューもアイデアの宝庫。それを求めてまた若い人が客として訪れる。その活気にシニア層も吸い寄せられるように足を運ぶ。まさに若者が街の魅力を支えていた」。 

 町田さんはこんな拠点を鴨居にも作りたいと、野毛のプロデューサーと協力しながら「もぐら横丁」をオープン。使われていなかった店舗地下の空間を改装し、自分の店を持ちたいと夢見る若者たちに貸し出した。

 夜ともなると会社帰りのサラリーマンや地元住民など多くの面々が店にやってくる。各店は工夫を凝らした一品料理をリーズナブルに提供。地下空間はたちまち活気に満ち溢れる。

 すっかり”鴨居のランドマーク”と成長した「もぐら横丁」を見渡し、今は運営を次の代に託したという町田さんは「この活気がいいね。まだまだこの街には魅力が隠れている。どんどん新陳代謝をして鴨居らしい活気を発信していってほしい」と笑顔を見せる。

 今でも多くの街を訪れ、情報収集に余念がない町田さん。その胸の内には「新たなアイデア」をすでに温めているという。

「食の迷宮」に続く地下階段
「食の迷宮」に続く地下階段

緑区版のローカルニュース最新6

ホームドアを使用開始

横浜線長津田駅

ホームドアを使用開始 社会

転落事故を防止

4月22日号

圧巻の走りで初戦V

全日本カート選手権

圧巻の走りで初戦V スポーツ

港北区在住・村田さん(15)

4月22日号

知的財産活用し企業支援

横浜銀行

知的財産活用し企業支援 経済

テレ東関連会社と協業で

4月22日号

決済アプリで消費喚起

神奈川県

決済アプリで消費喚起 経済

最大2割のポイント還元

4月22日号

10年目は歴代が集合

10年目は歴代が集合 社会

横浜スカーフ大使、24人に

4月22日号

ジャズとクラッシックの融合

タウンニュースホール

ジャズとクラッシックの融合 文化

寺井尚子with中鉢聡

4月22日号

よこはまあおとクリニック

「住み慣れた我が家でいつまでも自分らしく過ごしたい」という思いを大切に。

https://aoto-zaitaku.com/

鴨居 宮内建設株式会社

困難を「技術力で」「安心」に変える会社です

http://www.miyauchi-construction.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 3月18日0:00更新

  • 2月25日0:00更新

  • 2月4日0:00更新

緑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年4月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter